州: ケベック州

フランス文化とクリエイティブ・アートが彩る先端都市

  • 30km以上の巨大地下街
  • 5,120台の公共レンタサイクル
  • ユネスコのデザイン都市の1つ

世界で2番目にフランス語を話す人口が多い都市モントリオールは、洗練された街並みの中にクリエイティブな感性が息づいています。旧市街の石畳の通りには、古きよき時代の雰囲気がそのままに残ります。街全体にアートとデザインがあふれ、 地下鉄はまるで公共のアートギャラリーのようです。モントリオールを見下ろす小高い丘、モン・ロワイヤルには、バスでも登ることができます。頂上からぐるりと見渡すと、遠くに1976年に開催されたオリンピックのメイン・スタジアムやローレンシャン高原が見つかります。公共のレンタサイクルを借りて、川沿いのサイクリングもおすすめです。

有名なモントリオール国際ジャズ・フェスティバルでは、無料のコンサートも数多く開かれます。ジャスト・フォー・ラフ・コメディ・フェスティバルでは、ユーモアのセンスを磨きましょう。チャイナタウン、リトル・イタリー、カルチェ・ラタン、ゲイ・ビレッジと、どこへ行ってもモントリオールのシェフは、多文化を包み込むような大らかな笑顔で、世界的に有名な創作料理をふるまってくれます。こちらも笑顔で、お礼を言いましょう。「メルシー!」。

街歩き

  • モントリオールといえばナイトライフも魅力の1つ。夜に向けてエネルギーをセーブしておきましょう。
  • 石畳の広がるモントリオール旧市街で、散策やショッピング、食事を満喫してください。
  • 繁華街の中心にあるSimon department storeや、クレセント通り沿いのおしゃれなブティックで、地元っ子のようにショッピングしてみましょう。
  • 老舗ホテル、リッツ・カールトンには、長い歴史を持つホテルならではの趣があります。
  • 活気にあふれる世界有数のゲイの町ル・ビレッジを訪れてみましょう。
  • ラグジュアリーなカジノで、運だめしもできます。

芸術&文化

  • サーカスが好きならLa Tohuへ。地元のサーカス・ファンに交じってパフォーマンスを楽しみましょう。
  • 宗教的建築遺産、ノートルダム聖堂では、敬虔な気持ちで身が引き締まります。
  • ユネスコのデザイン都市に認定されたモントリオールでは、美術館を始めとして、街全体にあふれるクリエイティブなパワーに圧倒されます。
  • 市内にある4つの科学博物館を見学しましょう。外来種の生態系について学んだり、銀河や珍しい昆虫をじっくりと見たり、広々とした庭を散歩したりして、大いに楽しんでください。
  • Place des Artsでは、オペラ、ミュージカル、演劇などの舞台や、展覧会、野外イベントなどが開催されます。

料理と飲み物

  • Jean Talon Marketで地元の産物を手に入れましょう。
  • モントリオールの伝統料理、スモーク・ミート・サンドイッチを試すのもお忘れなく。
  • 旧市街でレストラン巡りもおすすめです。歩いてカロリーを消費したら、その分を食べて取り戻しましょう。
  • ホテルのコンシェルジュに、最新の創作料理が食べられるレストランを聞いてみましょう。
  • 現地で有名なプーティンもぜひ味わってほしいメニュー。フレンチ・フライにチーズ・カードとグレイビー・ソースをかけた一品です。

アウトドア・アドベンチャー

  • モン・ロワイヤルは、緩やかな道を歩いても、急な階段を使っても頂上まで登ることができます。
  • 近郊のローランシャン高原では、ハイキングやサイクリング、スキー、スノー・ボードの1日(または数日の)ツアーを予約できます。
  • 大人気の公共レンタサイクル、BIXI(ビクシー)を利用しましょう。
  • モントリオールのオールド・ポートの埠頭では、約1.6kmにわたる屋外リンクでスケートを楽しむことができます。
  • ゴルフ好きのモントリオールっ子と一緒に、現地の140以上のコースでゴルフを楽しみましょう。

イベント&フェスティバル

  • モントリオール国際ジャズ・フェスティバルでは、古き良きジャズに聞き入ったり、新しいサウンドを発見したりできます。
  • ジャスト・フォー・ラフ・コメディ・フェスティバルではもう笑いが止まりません。
  • モントリオール国際花火大会では、世界各国が創作花火の技を競い合います。

天候&季節

  • モントリオールは、夏の間は暖かく、蒸し暑い日もあり、ジャズ・フェスティバルの野外コンサートにはショートパンツ、市内のビーチには水着で大丈夫です。
  • 12月から3月の冬の間はかなり雪が降ります。寒い日には、地元の人たちにならって地下街へ逃げ込みましょう。
  • 3月から6月初旬までは春で、モントリオール植物園にある30のテーマ別庭園で春の植物が一斉に咲き乱れます。
  • 9月下旬から11月までは秋で、モントリオールは涼しい季節から寒い季節に移行します。木々が紅く色づき始めると、多くのクルーズ船がこの街に寄港するようになります。
  • 現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。
概要

面積:4,259km²
人口:165万人(市内)、340万人(都市圏)
公用語:フランス語と英語(フランス語が主流)
特長:モントリオールは、パリに次いで2番目にフランス語人口の多い都市です。カナダで2番目に人口が多い都市です。
元の名前:ヴィル・マリー(シティ・オブ・メアリー)

旅行に適した時期
  • 夏から秋の初めにかけては、モン・ロワイヤルの山道のサイクリングやウォーキングがおすすめです。
  • モントリオール国際ジャズ・フェスティバルは、6月下旬から7月上旬にかけて開催されます。
  • 秋には市内の公園や丘で見事な紅葉が見られます。
  • 冬はパフォーマンス・アートやウィンター・スポーツに最適です。
現地までの交通手段
  • モントリオールは、ケベック州南部の セント・ローレンス川周辺に位置しています。
  • 主な空港はモントリオール・トルドー国際空港(YUL)で、ここから国内や世界各国の多くの都市に多数の便が就航しています。
  • モントリオールは、ニューヨークから車で約6時間、オタワから車で約3時間です。電車の利用が便利です。
現地の交通手段