州: ニューファンドランド&ラブラドール州

カナダ最東端でアドベンチャーと文化を楽しむ

  • 1万年前の氷山
  • 2万9千kmの海岸線
  • 22種類のクジラ

北米大陸の東端に位置するニューファンドランド&ラブラドール州では、壮大な冒険と自然と文化が間近に感じられます。ボートに飛び乗って大量の氷山が漂うアイスバーグ・アレーを観察したり、鮮やかなパフィンなど3,500万羽以上の海鳥を見上げたり。カヤックやシュノーケリングをしながら20種類ものクジラと心を通わせることもできます。

霧深いランス・オ・メドーの芝生に覆われた集落でいつしか姿を消したバイキングの足跡をたどり、トーンガット山脈でイヌイットの祖先が暮らしていた壮大なフィヨルドを探索しましょう。塩漬けタラのフィッシュ・ケーキとツンドラ・クラウドベリーのパイはぜひ試してほしいメニューです。州都セント・ジョンズの賑やかなパブでは、ジグを踊ったり、情熱的なフィドルの音色に酔いしれたり、伝統的な音楽が体感できます。イギリス、アイルランド、フランス、先住民の文化が融合するこの土地では、気さくなアイリッシュ人のウィットに富んだジョークの他に、数多くの方言や独特の言い回しが生まれ、地域特有の辞書まで誕生しました。ジェリーズ・ノーズ - ジェリーの鼻、リーディング・ティクルズ・ウェスト - 第一級のウェストくすぐり、リトル・ハーツ・イース - ささやかな心のやすらぎのような地名は、ほかではちょっとお目にかかれないでしょう。

アウトドア・アドベンチャー

  • ユネスコ世界遺産のグロス・モーン国立公園では、淡水のフィヨルドを見たり、2~5億年前の化石を発見できるかもしれません。
  • イヌイットが管理するベース・キャンプに滞在し、壮麗なトーンガット山脈のフィヨルドを散策してシロクマやカリブに遭遇したり、先住民の芝土家や石を組み合わせた墓を訪れたりしてみましょう。
  • 540kmに及ぶイースト・コースト・トレイルをハイキングしたら、スパウトと呼ばれる、波が押し上げる天然の間欠泉をお見逃しなく。

街歩き

  • セント・ジョンズの夜の街、ジョージ・ストリートで思いきり楽しんでください。ここは北米の沿岸部で最もパブが密集しているといわれる場所です。
  • クラウドベリー・パイ、タラの舌や頬、塩漬けタラ、「トートン」と呼ばれるサクサクした豚のラード、ジグズ・ディナーなど、伝統的な郷土料理をぜひ試してみてください。
  • 歴史的なシグナル・ヒルの頂上から氷山やクジラを観察。ここは、1762年にイギリスとフランスが七年戦争の最後の戦いを交えた場所です。

芸術&文化

  • ユネスコ世界遺産のランス・オ・メドーで、ヨーロッパ人として初めてアメリカ大陸に入植したバイキングの足跡をたどりましょう。
  • ニューファンドランド&ラブラドール州で地元の人のような生活をしたり、ガイドなしでエコ・カルチャー体験に出かけたりしてみましょう。
  • 1901年にグリエルモ・マルコーニ が世界で初めて大西洋横断の無線信号を受信した場所を訪れてください。

自然&野生動物

  • シーカヤックで南の沿岸をパドリングしながらのホエール・ウォッチングはいかがでしょう。
  • ウィットレス・ベイ環境保護区でパフィンを見上げながらクジラとピクニックを楽しみましょう。
  • ウェットスーツを着て水に飛び込んでクジラと共にシュノーケリングをする体験は、きっと一生に一度の思い出になります。

水上アクティビティ

  • 「凍ったビヒモス(巨獣)」とも呼ばれる大型客船ほどの氷河の塊がラブラドールへと流れ込むアイスバーグ・アレーを訪れた後は、氷山から解け出したばかりの水で作られたウォッカで1日を締めくくりましょう。
  • 青い海から神秘的な白い山が浮かび上がるような氷山と、北米最大の数を誇るザトウクジラや海鳥を観察。

天候&季節

  • セント・ジョンズの気候はカナダで3番目に穏やかで、夏は涼しく、あまり暑くなりません。
  • ニューファンドランド島全体で、7月と8月の夏の平均気温は16°C、11月から3月までの冬の平均気温は0°C前後です。
  • 北部のラブラドールの冬はいくぶん厳しいものの、過ごしやすい夏は短いながらも25°Cまで気温が上がります。
  • 氷山観察とホエール・ウォッチングのピーク・シーズンは春です。この頃のセント・ジョンズの平均気温は2~6℃です。
  • 現地の気象情報をご確認ください。
  • カナダ環境省のカナダの標準的気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。
概要

面積: 405,720㎢
州都: セント・ジョンズ
最大都市: セント・ジョンズ
総人口: 512,659人
公用語: 英語
州のスローガン: 「Seek ye first the kingdom of God」(まず神の国を求めなさい)

旅行に適した時期
  • ニューファンドランド&ラブラドール州の春は4月と5月で、氷河とホエール・ウォッチングに絶好の季節です。にわか雨に備えて、重ね着することをお忘れなく。
  • 夏(6月から8月)にはTシャツとショートパンツで過ごせますが、冷涼な沿岸部へ出かける際はセーターが必携です。ハイキング、サイクリング、カヤック、フィッシング、フェスティバル、ボートでのホエール・ウォッチングなどのアクティビティが沿岸部で行われます。
  • 9月から10月は本格的な紅葉が楽しめます。ゴルフや国立公園の散策に最適ですが、羽織るものをお忘れなく。
  • 11月から3月は、ダウンヒルやクロスカントリー・スキー、スノーシュー散策、スノーモービルに絶好の季節です。真冬の時期にはオーロラが見られることもあります。
現地までの交通手段
現地の交通手段
  • ニューファンドランド&ラブラドール州は、地図上ではカナダ最東海岸にある中規模の州に見えるかもしれませんが、実際は手つかずの原野が広がる広大な土地です。そのため、事前に十分な計画を立てる必要があります。特に夏のハイシーズンには、レンタカーや宿泊施設、フェリーの需要が高まるため、事前に予約することをおすすめします。
  • 交通手段に関する基本情報をご覧ください。
  • ニューファンドランド島とラブラドール地方の間は、マリン・アトランティックカー・フェリーを運航しています。
  • ニューファンドランド&ラブラドール州のハイウェイ情報は、政府の道路情報ウェブサイトで確認できます。併記されているムースに関する注意事項も必読です。
  • 公共交通機関の情報については、セント・ジョンズのメトロリンクをご覧ください。