州: ヌナブト準州

カナダ北極圏の手つかずの自然

  • カナダ全土の5分の1 を占める最大かつ最新の準州
  • 全人口の84%を占めるイヌイット
  • 全世界の50%のシロクマがこの地に生息

ヌナブト準州は北極圏の奥地にあり、広大で手つかずの氷河、氷山、ツンドラ地帯が広がっています。北部にあるサーミリック国立公園では、ハイキングやスキーが楽しめます。極北サファリでは凍てついた海を渡って流氷へ。オーロラの下でベルーガ、イッカク、シロクマを観察します。ノースウエスト・パッセージ(北西航路)クルーズに飛び乗ったら、ジャコウウシ、セイウチやホッキョククジラに目を光らせながら、イヌイットの歴史や遺産を学びましょう。

キミルートの集落で素朴なイヌイット族の家庭を訪れ、犬ぞりのマッシャー体験、イヌクティトゥット語のレッスン、ホッキョクイワナなどのおいしい魚のアイス・フィッシングを楽しみます。ケープ・ドーセットとパングナータングでは、世界的に有名な彫刻家や版画家が制作したカナダならではの芸術を鑑賞します。イカルイトで極北文化を祝福するフェスティバルに参加してみましょう。白夜の光の下にこだまするイヌイットのドラムや喉歌のリズムに心を奪われるでしょう。

アウトドア・アドベンチャー

  • Polar Sea Adventuresでは、バフィン島の最北端にあるサーミック国立公園をハイキングやスキーで散策しながら、シロフクロウ、シロクマ、イッカクを観測します。
  • アドベンチャー・カナダの北西航路クルーズで、カナダ最北部の伝説的な氷の海を航海してみませんか。
  • 手つかずの自然でキャッチ&リリースを体験するなら、マニトバ州とヌナブト準州の境界にあるNueltin Fly-in Lodgesへ。カワカマスや巨大なレイクトラウト、北極の急流でカワヒメマスが踊る中、水中を支配するカワカマスや巨大なレイク・トラウトをゲット。
  • カリブ海を思わせるような青さが印象的な広大な氷の上で犬ぞりのマッシャー体験。その後はオーロラの下でゆったり気分でくつろぎます。

芸術&文化

  • イカルイトのNunatta Sunakkutaangit Museumでは、巡回展のほか、イヌイット族のアートや工芸品の観賞のほか、作品購入も可能です。
  • キミルート、パンナータング、ケープ・ドーセットでは、世界的に有名なイヌイットの彫刻家や版画家の作品を鑑賞します。

自然&野生動物

  • Arctic Kingdomによる極北サファリでは、スノーモービルでけん引するイヌイットのそりで氷原を巡り、イッカク、シロクマ、ベルーガを観察します。
  • バフィン島のツンドラ地帯にキャンプを張って、ヌナブトに生息する50万頭のカリブーのえさ場を訪れましょう。
  • 島の東海岸にあるイザベラ湾のニジンガニク国立野生生物保護区を訪れます。ここは、世界で初めて長さ18mの巨大なホッキョククジラを保護する聖域です。

イベント&フェスティバル

  • イカルイトのアリアナイトでは、白夜の下で芸術を鑑賞できます。これは、毎年春に開催され、映画、サーカス、ストーリーテリング、喉歌などの音楽、演劇をテーマとするアート・フェスティバルです。
  • 北極圏の冬を祝うトゥーニック・タイム・フェスティバル は、毎年4月に1週間開催されます。イグルー作りや犬ぞりレース、スノーモービル・レース、アザラシ狩りコンテスト、音楽演奏など、イヌイット族の伝統的な遊びや活動が楽しめます。

天候&季節

  • 気温は地域によって大きな差があります。ヌナブト準州で最も温暖な村落、クグルクトゥクの平均気温は、夏は30°C、冬は-15~-40°Cです。
  • グリス・フィヨルドは最北の地だけあって気温も最も低く、夏でもせいぜい5°C程度。冬はほぼ毎日-50°Cまで下がります。
  • 春は州全体であまり変わらず、日中の平均最高気温は-20~-10°Cです。ヌナブトの春は、晴れた日が多く、気温は高くありません。
  • 夏になると日が長くなり、イカルイトの最高気温は20°Cにまで上昇し、地域全体でも氷点下を下回ることはありません。
  • 現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの標準的気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。
概要

面積: 1,932,255㎢
州都: イカルイト
最大都市: イカルイト
総人口: 33,330人
公用語: イヌクティトゥット語、英語、フランス語(イカルイトでは英語が優勢)
準州のモットー: 「Nunavut Sannginivut」(イヌクティトゥット語)、 「Our land, our strength」(我々の土地、我々の力)

旅行に適した時期
  • 5月と6月は日が長く、スノーモービルや犬ぞりで凍てつく海を渡る氷原巡りが人気です。バックカントリー・スキーに最適な季節です。
  • 春と秋はイヌイット族の芸術や彫刻を堪能するのに最適な季節です。多くの芸術家たちが「陸地」でのキャンプで夏を過ごすからです。
  • 北極圏では、24時間暗くならない白夜が5月から8月まで続きます。3月下旬から5月下旬にかけては、雪や氷の照り返しによる日焼けの恐れがあります。肌寒い日でも日焼け止めの使用がおすすめです。
  • 7月と8月は短いながらも野花や虫の姿を見かけることも。ハイキングやカヤック、クルージングに 最適なシーズンです。イッカク、ベルーガ、ホッキョククジラ、セイウチ、渡り鳥の観察は、特に7月がおすすめです。
  • 8月中旬から9月中旬にかけては、ツンドラが紅葉し、ブルーベリーが実る。そんな過ごしやすい秋らしい季節になります。虫も少ないのでハイキングには最適です。
  • 1年中、雪は珍しくありません。暖かい衣類をお忘れなく。
  • 冬は寒さが厳しく暗い日が続きますが、クリスマス時期はどの町でも暖かく訪問客を迎え入れてくれます。
現地までの交通手段

ヌナブト準州はカナダの北極圏の東に位置し、基本的にアクセスは空路に限られていますが、夏になるとアドベンチャー・カナダのクルーズ船がさまざまな地区から運航しています。カナダ南部から飛行機で訪れる場合、次の空港が主な玄関口になります。

現地の交通手段

ヌナブト準州の25の地区をつなぐ道路はないため、飛行機を利用する必要があります。次の航空会社がヌナブト準州に就航してます。