州: オンタリオ州

大都市と手つかずの自然

  • 2万5千湖以上の湖
  • オンタリオ湖を見晴らす高さ553mのCNタワー
  • 90以上のナイアガラのワイナリーで賞に輝くワインを販売

オンタリオ州では、さまざまな体験が楽しめます。世界的に有名なナイアガラの滝を訪れた後は、周辺のワイン・カントリーでおいしい食事を楽しみましょう。セント・ローレンス川をはじめ、何千もの淡水湖や川を有するオンタリオ州は、南の州境を五大湖のうちの4つ、オンタリオ湖、エリー湖、ヒューロン湖、スペリオル湖に囲まれ、ボート、釣り、キャンプに最適な立地です。

自然愛好家なら、特にアルゴンキン州立公園の静寂さやマスコーカ地方のコテージ・カントリー、ジョージア湾、ブルー・マウンテン、カワーサ地方、サウザンド・アイランズに心惹かれることでしょう。ここでのバード・ウォッチングや野生動物の観察、ハイキング、スキー、スノーシューによる散策は格別です。都会的な雰囲気を求めるなら、カナダの二大都市である州都トロントと首都オタワへ。世界有数のアトラクションやレストラン、映画館、劇場、ミュージアム、ギャラリーが軒を連ねるほか、ショッピング・スポットも充実しています。

イベント&フェスティバル

  • 2月初旬から半ばにかけて行われるオタワのウィンタールードでは、リドー運河でスケートを楽しんだり、氷彫アーティストによる巨大な雪像に目を奪われながら、ジャック・カルティエ公園にある北米大陸最大のSnowflake Kingdomで冬の祭典を満喫。
  • ブドウの収穫を祝ってカナダ最大のパレードが行われるナイアガラ・ワイン・フェスティバルに参加しましょう。10日以上にわたって無料コンサートやワインのテイスティングとツアー、グルメ・イベントなどが開催されます。
  • ハリウッドやカナダ映画をはじめ、世界各国の傑作が鑑賞できるトロント国際映画祭(TIFF)では、映画を観るだけでなく、講演やディスカッション、フェスティバル、ワークショップなどに参加したり、業界内の人脈を広げたり。カナダや世界中の映画監督と出会うチャンスもあります。

街歩き

芸術&文化

  • ストラトフォード・シェイクスピア・フェスティバルでは、世界屈指の演劇を楽しめます。
  • 1800年代初頭にノース・ウェスト社が毛皮貿易の本社を置いたフォート・ウィリアムで、過去を振り返ってみましょう。
  • 千個もの島々が浮かぶ壮大なセント・ ローレンス川では、「ガナノク・ボート・ライン」や「ロックポート・ボート・ライン」が催行するクルージングがおすすめです。ロマンチックな城や水底に沈む歴史の遺物が見られます。
  • グレート・スピリット・サークル・トレイルで先住民の文化を体験。オンタリオ州北部のマニトゥーリン島に住むアニシナアベ族の文化や伝統だけでなく、この島の先住民、オジブワ族、オタワ族、ポタワトミ族の歴史に触れることができます。
  • オタワのカナダ国立美術館では、芸術に対するカナダ独自の刺激的な取り組みに触れることができます。

料理と飲み物

  • ナイアガラのイニスキリン・ワインのアイスワインは、ワイン通の舌をうならせてくれるでしょう。冬の間ブドウを蔓になったままの状態に保つ技法を学んだ後は、その成果であるおいしいアイスワインを味わってください。
  • セント・ローレンス・マーケットでトロントのグルメを満喫し、有名シェフによる料理教室に参加しましょう。さまざまなエスニック料理が集まるケンジントン・マーケットでは、ギリシャ料理のカラマリから手打ちパスタまで世界各国の料理が手軽に味わえます。
  • ル・コルドン・ブルー料理学校のオタワ校では、最新の料理技法を学ぶことができます。熟練シェフが教える伝統的なフランス料理のレシピ、屋内でのグリル方法から「ナイフ・スキル」まで、さまざまな授業があります。
  • オニフスベ、カキ殻、アンズタケ、クロラッパタケの見分け方と味わい方を公認の菌学者と博物学者に教わりながら、ロング・ポイント・エコ・アドベンチャーで野生きのこ攻略の旅に出かけましょう。
  • プリンス・エドワード・カウンティのグルメ・スポットで、料理とワインを堪能したら、中心部にあるハフ・エステーツ・イン・アンド・ワイナリーでひと休み。

アウトドア・アドベンチャー

  • ヘリコプターで雪深いハリバートンの森へ向かったら、昔のままの姿の湖や丘の上を走る犬ぞりツアーに参加してみましょう。
  • アルゴンキン州立公園の中心でオオカミの生態を学びながら、オオカミの遠吠えを聞いたら、自分の中に眠っている野生の血が呼びさまされるかもしれません。
  • 喧騒を逃れて。カヌーや水泳を楽しんだり、桟橋から釣り糸を垂れたり、静かなひと時を過ごしましょう。地元で採れた農作物を使った料理を堪能したら、Elmhirst’s Resort(キーン)での、コテージ・ステイや水上飛行機アドベンチャーで湖と島の全景を堪能してください。
  • 山道をハイキングしたり、カヌーを漕いだり、夕飯の魚を釣ったり。贅沢さとオンタリオ州北部の大自然の美しさの両方を楽しむには、ワイルドエクソダス・アドベンチャーで行くカナダ北方林でのグランピング、またはアルゴンキン・カヌーとログ・キャビン・アドベンチャーを組み合わせたアルゴンキン州立公園を探検するボヤージャー・クエストがおすすめです。

天候&季節

  • 11月から3月までの冬の時期は、寒くて乾燥した日もあれば、雪の降る日もあります。州南部の平均気温は-8~-1°Cですが、オンタリオ州北部はかなり寒く、最低気温は-25°C以下まで下がります。
  • 温暖な夏の気候は6月中旬から9月中旬まで続きます。オンタリオ州南部の7月の日中の平均気温は20℃前半~30℃前半です。
  • 春は3月下旬から6月上旬までで、オンタリオ州全体で穏やかな気候が楽しめます。
  • 9月下旬から11月の秋には州全体で涼しくなり、オンタリオ州北部の一部の地域では、早ければ10月下旬に降雪が見られます。
  • 現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの標準的気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。
  •  
概要

面積: 917,741㎢
州都: トロント
最大都市: トロント
総人口: 13,505,900人
公用語: 英語、フランス語(英語が主流)
州のスローガン: 「Yours to Discover」(発見するのはあなた)

 

旅行に適した時期
  • トロント、オタワ、キングストン、その他のオンタリオ州の都市では、一年を通して劇場、音楽、おいしい食事が楽しめます。また、ナイアガラ地域も一年中、活気にあふれています。
  • ダウンヒルやクロスカントリー・スキー、スノーシューでの散策、犬ぞり、スノーモービルには、12月から3月がベストシーズンです。
  • オンタリオの州立公園は一年中楽しむことができますが、ボートやカヌー、フィッシング、ハイキング、キャンプには、4月から10月が最適です。
  • オンタリオ州のフェスティバルやイベントも要チェックです。
  • 9月下旬から10月上旬にかけては美しい紅葉のシーズンです。マスコーカ地方、ジョージア湾、サウザンド・アイランズ、スー・セント・メアリーを紅葉見物に訪れましょう。
現地までの交通手段
現地の交通手段