州: ケベック州

マドレーヌ諸島、ガスペジー、バ・サンローラン、マニクアガン、デュプレシス。魅力的な5つの地域を巡る

  • 5つの異なる地域
  • ポワントオーペール・マリタイム史跡の灯台の一番上までの128段の階段
  • 1つの島に13万頭のオジロジカが生息

ケベック州の最東の観光地、ケベック・マリタイムは、バ・サンローラン、ガスペジー、マドレーヌ諸島、マニクアガン、デュプレシスから形成されています。それぞれの魅力と景観は異なりますが、共通しているのは、どの地域でも豊富なアウトドア・アクティビティができる点です。海岸に近いため、ホエール・ウォッチングや、フランス系カナダ人が培ってきた船乗りの文化を体験することができます。北方林、美しい景色の山々は、トレッキング、キャンプ、スノーモービルに最適です。エコツーリズムや文化探訪を目的にこの地を訪れる人々は、どんなゲストでも迎え入れるケベックの温かさを感じることでしょう。

アウトドア・アドベンチャー

  • シックショック・マウンテン・ロッジを取り囲む自然に身を委ねましょう。ガスペ半島の手つかずの内陸部で、ハイキングやサイクリングをしたり、自然の驚異を発見したりすることができます。
  • コート・ノール-デュプレシスのアンティコスティ島では、ヴォレアルの滝や絶景の渓谷を訪れたり、シーカヤックや乗馬を体験したりできる他、サーモンがいる24ヵ所の川でフィッシングを楽しめます。
  • コート・ノール-マニクアガン地域にあるサグネ・フィヨルド国立公園には、すばらしい景色が待っています。ハイキング、カヤック、バックカントリー・スキー、スノーシュー以外にも、凍った湖でのフィッシングも体験できます。

ロード・トリップ&列車の旅

  • ガスペジーの観光名所やクジラのウォッチング・スポット、マドレーヌ諸島を通って伸びる数千kmもの一般道路には、ケベック・マリタイムが誇る絶景ポイントがあちこちにあります。
  • 車やバイクで旅をすれば、魅力的な渓谷や村々、息をのむような海の風景が楽しめます。
  • ATV(全地形対応車)を使えば、オフロードで自然を体感することもできます。ガスペジーだけでも遊歩道の長さは2,000kmを越えます。コート・ノールの遊歩道の1つは、世界的に有名なサグネ・フィヨルドの壮大な見晴台につながっています。
  • VIA鉄道を利用すれば、モントリオールからガスペまで見渡す限りのすばらしい景色を列車から堪能できます。

芸術&文化

  • ユネスコ世界遺産のミグアシャ国立公園の赤い断崖からは、初めて這って移動した魚の化石が発見されています。
  • リムースキーでは、2世紀にわたるマリタイムの歴史を紐解き、客船エンプレス・オブ・アイルランドの運命について学び、1世紀の歴史を誇る灯台を訪れ、ポワントオーペール・マリタイム歴史博物館にある廃船オノンダガの中に入り、潜水艦乗組員になってみましょう。
  • 国際ガーデン・フェスティバルでは、世界で最も刺激的なデザイナーたちが競演し、テーマ性を持つ色鮮やかで野趣あふれる20の庭が並びます。このフェスティバルは、毎年夏、カナダの国定史跡であるル・ジャルダン・ド・メティで開催されます。
  • ビック国立公園では、遺跡の発掘作業によって、先住民の野営地の跡が発見されており、中には数千年前の古いものもあります。
  • 郊外の美しい村々に点在する芸術家のアトリエも必見です。

自然&野生動物

  • JVエクスプローラマーで海洋エコツアーに出かけ、セント・ローレンス湾を探検しましょう。本物の海洋科学者のように、カニの仕掛けをチェックし、プランクトンの標本を見分け、水を検査します。
  • ガスペジーの自然動物園ビオパルクを散策しましょう。解説付きのコースを歩けば、この地域ならではの動物たちと間近に触れ合うことができます。昆虫館や、人なつこい動物たちに会えるふれあい広場もお見逃しなく。
  • カヤックに乗って、またはガイド・ツアーでマタン自然保護区を訪れれば、ムースに出会えるかもしれません。

天候&季節

  • 1年で最も暖かい7月、8月、9月の気温は20°C~28°C程度ですが、35°Cに達することもあります。
  • 一方、冬、特に1月、2月はかなり冷え込みます。気温は、-6°C~-19°C程度になります。
  • 春は4月~6月で、-2°C~15°Cの温暖な気候を楽しめます。10月、11月の秋は、最低気温は氷点下まで下がり、最高気温は5°C程度になります。
  • 現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。
概要

面積: 484,033km²
最大都市: リムースキー
総人口: 442,742人
公用語: フランス語、英語(主にフランス語)
州のモットー: 「Je me souviens」(私は忘れない)

旅行に適した時期
  • 春は、双眼鏡を片手に渡り鳥ウォッチングに出かけたり、新鮮なカニやロブスターを味わいましょう。
  • 夏は、国立公園を訪れたり、ホエール・ウォッチングやカヤック、スイミングに出かけたりと、さまざまな活動を楽しむことができます。
  • 木々が鮮やかに色づく秋には、プチ・テミス・サイクリング・トレイルをサイクリングしたり、インターナショナル・アパラチアン・トレイルをハイキングしたり、マドレーヌ諸島でウィンド・スポーツに挑戦したりしてみましょう。
  • ケベック・マリタイムの冬は、シックショック山地でスキーをしたり、6,000kmに及ぶトレイルにスノーモービルに乗りに出かけましょう。
現地までの交通手段
現地の交通手段
  • ケベック・マリタイム地域は、鉄道、車、水上輸送を組み合わせて移動することもできます。
  • ケベック・マリタイム周辺の交通情報をご覧ください。