州: ブリティッシュ・コロンビア州

花が咲き乱れるBC州の州都

  • 夏の街を彩る950のハンギング・バスケット
  • 3,333個の電球でライトアップされる州議事堂
  • 毎年フェアモント・エンプレス・ホテルで出される紅茶は75万杯

ブリティッシュ・コロンビアの州都ビクトリアは、イギリス植民地時代の魅力的な雰囲気と、西海岸のファッション、食、アートの新しいテイストが融合した街です。蔦に覆われた由緒あるエンプレス・ホテルで佇めば、当時の上流階級の人々が集う19世紀にタイム・スリップした気分。夜には、見事にライトアップされた州議事堂が圧巻です。同済門をくぐると、そこはカナダで最も歴史の古いチャイナタウン。ファン・タン・アレーのお店を覗けば、色々と珍しい物が見つかるかもしれません。ロイヤルBC博物館ではマンモスに触ることができます。馬車に乗ってダウンタウンのアンティーク・ショップを巡り、石炭王が建てた高くそびえるお城を訪れてはいかがでしょう?美しいサンクン・ガーデンが世界的に有名な、ブッチャート・ガーデンの散策も外せません。サクラが咲く春は、息をのむほどの美しさです。地元の人たちで賑わうスポットへ出かけてみましょう。人気のシーウォール・ウォークや、ビクトリアにたくさんある自家醸造のお酒が飲めるパブ、新鮮なシーフード料理や地元バンクーバー島産とBC産のワインが楽しめるビストロやレストランがおすすめです。

アウトドア・アドベンチャー

  • 入江でのホエール・ウォッチング・ツアーに参加して、シャチや海鳥、アシカの写真を撮りましょう。
  • Gowlland Tod Provincial Parkをハイキングして、Tsartlip族の儀式の場所を探してみましょう。
  • PADIのスキューバ・コースで練習したら、Race Rocksやビクトリアの2ヵ所の沈没船スポットでダイビング。
  • かつてはビクトリアとスークを結ぶ鉄道の線路だった全長55kmのGalloping Goose Trailをサイクリング、ハイキング、乗馬で散策。

街歩き

  • 百年前のビクトリア時代から続く、カナダを代表する歴史的ホテル、フェアモンt・エンプレス・ホテルで、英国コロニアルスタイルのハイ・ティーを堪能。
  • ロイヤルBC博物館のFirst Peoples GalleryにあるKwakwabalasami族の酋長の家で、彼の子孫が作った彫刻を観賞。
  • 2.2km²の広大な敷地を誇るスークのハトレー・パーク国定史跡で、当時のままの姿を残すエドワード朝の邸宅を訪問。
  • ビクトリアの人々に愛される2つの老舗の名店、1885年創業のムンローズ・ブックスとロジャーズ・チョコレートに立ち寄ってみましょう。
  • Brentwood Bay Resortで、地元産の昆布を入れて海藻の成分を抽出したスパ・バスにつかってリラックス。

芸術&文化

  • ハリウッド映画「Little Women」(若草物語)の舞台となった、壮麗なハトレー城を訪れてみましょう。1階のハトレー博物館では軍人の礼服の展示を見学。
  • Victoria's Royal Theatreで、バレエやオペラ、オーケストラのコンサートを鑑賞。
  • ダウンタウンのアート・ギャラリー、デザイナーのスタジオ、骨董品店、アンティーク・ショップ街を散策。6つのスクリーンがあるIMAX Victoria Theatreで、大画面用のドキュメンタリーや大作映画を3Dで鑑賞します。

料理と飲み物

  • フェアモント・エンプレス・ホテルの優美なBengal Roomで、カクテルを飲みながらゆったりとくつろぎましょう。
  • 国定史跡のロッド・ヒルで、ピクニック・ランチを満喫。
  • 地元のパブを巡って、自家醸造のエールを試飲して回りましょう。
  • サーニッチ半島のワイナリーで極上のアイランド・シラーを味わい、歴史あるMill Bayフェリーに乗ってカウチン・バレーの農場やブドウ園を訪ねます。
  • ビクトリアにある新感覚のベジタリアン・レストランで、シイタケと豆腐の焼きギョーザを食べてみましょう。
  • Sooke Harbour Houseまでちょっとドライブして、ヘカテ海峡で獲れたオヒョウのソテーやソルト・スプリング島のムール貝に舌鼓。

自然&野生動物

  • Brentwood Bay Resort主催のエコツアーに参加して、海洋生物の専門家の説明を受けながら、海の中のクラゲやヒトデを観察しましょう。
  • 22万m²の敷地に、色とりどりの花壇とビロードのような芝生、静かな遊歩道が広がるブッチャート・ガーデンを散歩。
  • ロイヤルBC博物館のバックヤード・ツアー、Entomology Tourに参加して、ビーグル犬サイズの昆虫を見物しましょう。
  • ビクトリア港からゾディアック・ボートや水上飛行機に乗って出かける、ホエール・ウォッチングや野生動物観察ツアーに参加してみましょう。
  • ビーコン・ヒル・パークでクジャクを見たり、子ども向けのふれあい動物園でエミューやアルパカと遊んだり。

天候&季節

  • ビクトリアは亜地中海性気候帯に属しており、カナダ環境省のウェブサイトでは、カナダで冬が温暖な地域の第1位にランクインしています。
  • 年間の平均日照時間は2,183時間に及び、1年のうち8ヵ月は霜が降りることもありません。
  • 2月初旬からは春の気候になり、3月には満開のサクラを楽しめます。
  • 夏は乾燥した晴天が多く、7月と8月の平均最高気温は21°Cです。
  • 9月下旬から11月までの秋には、気温は下がりますが、温暖な日が続きます。
  • 冬の期間は短く、雪は滅多に降りません。1月の平均最高気温は6.5°Cです。11月から3月までは暖かい服装を用意することをおすすめします。
  • 現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。
概要

面積: 695km²
特長: ブリティッシュ・コロンビアの州都
ニックネーム: 「City of Gardens」(庭園の街)
人口: 84,002人(ビクトリア市)、325,754人(州都広域圏)  
食文化: レストランの数の多さは北米第3位

旅行に適した時期
  • ビクトリアには1年中花が咲き乱れる庭園がいくつもあります。毎年3月の第1週には春の訪れを祝うVictoria Flower Countが開催されます。
  • 7月には、家族で楽しめるカナダ・デーの祝祭や、ビクトリア内港の花火大会があり、ビクトリア国際バスカーズ・フェスティバルでは、街のいたるところで大道芸が繰り広げられます。
  • ホエール・ウォッチングや野生動物観察のツアーは、ビクトリアまたは近隣のシドニーやスークから1年中出発しています。
  • 11月下旬から1月上旬にかけてフェアモント・エンプレス・ホテルで催されるフェスティバル・オブ・ツリーでは、多いときには70本もの美しく飾りつけられたクリスマス・ツリーが楽しめます。
現地までの交通手段
  • ビクトリアは、カナダ西岸のバンクーバー島の南端に位置しています。バンクーバーからはBCフェリーを利用すると便利です。
  • バンクーバーからビクトリアへは、無料のWi-Fi付きでリラックスして旅行できるPacific Coach Linesを利用できます。
  • バンクーバーおよびシアトルからビクトリア国際空港(YYJ)への直行便が毎日運航されています。
  • Harbour Air Seaplanesの水上飛行機とHelijetが、ビクトリア港とバンクーバー港を毎日結んでいます。
現地の交通手段