州: ブリティッシュ・コロンビア州

先住民族のガイドからサリッシュ族の繁栄した文化について学びましょう

  • 2つの国
  • 1つの領土を分かち合う
  • 2万5千年の歴史を持つ古代語

超近代的な建物の中に一歩足を踏み入れると、そこには古代の人々の生き生きとした世界が繰り広げられています。サリッシュ語の霊的な歌を耳にし、伝統的なトーテムポールに大きな翼を広げた精巧な木彫りの雷神鳥を見上げ、先住民族の物語をあなたと一緒に共有したいと願ってやまない大使の温かい歓迎の心を感じてください。
スコーミッシュ族やリルワット族のガイドによるツアーでは、先住民族がどのように暮らしていたか、また伝統的な歌、言葉、工芸、新しい世代の生き方などを広める上でこの文化センターがどのような役割を担っているかを説明します。さらに、スコーミッシュ族とリルワット族がサリッシュの領土をどのように分かち合ってきたかや、スギの木の秘密、山、海、川の尊厳さ、太古からの知恵、木の皮を使ったブレスレットの編み方も教えます。このセンターで、伝統的な太鼓の音をあなたの心に刻み込んでください。

見どころのポイント

• スコーミッシュ族とリルワット族の伝統的な歌であなたを歓迎します。あなたの鼓動に響く太鼓のリズムを感じてみましょう。
• 大胆な芸術作品や美しい文化的工芸品をじっくり鑑賞しながら、 リズムの美しいサリッシュ族の歌に耳をそばだてると、 太古の人々のことをより深く理解できるでしょう。
• 何世代にも渡って受け継がれてきた物語に耳を傾けてみませんか。巨大な鳥が雷になり、シャチが稲妻になった物語などがあります。
• スギの木の秘密や、サリッシュ族の人々にとって山、海、川がどれほど尊厳深く考えられているかをガイドから学びましょう。
• 手彫りのカヌーの周りに集まれば、すばらしい工芸の技に驚かされるでしょう。熱した石と蒸気をどのように使うとこれらの壮大な船を頑丈にできるのかを説明します。
• スコーミッシュ族の伝統的な長屋の中でくつろぎながら、木の皮でブレスレットを編んでみましょう。ギャラリーやギフトショップでは、紀元前から伝わる先住民族の文化に基づいたオーセンティックな工芸品を購入できます。
• サンダーバード・カフェでは、先住民族の暮らしにヒントを得た食事が出されます。スコーミッシュ族のサーモン・チャウダーや、リルワット族の鹿肉チリ煮込み料理を堪能してください。

天候&季節

• 冬(12月から3月)は気温が氷点下まで下がり、雪が降ります。春(3月から6月)は穏やかな日や肌寒い日があります。7月と8月は日が長く、温暖な気候が続きます。
現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの標準的気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。

観光案内

• 営業時間と入場料。ツアーのチケットはオペレーターから購入してください。
• 文化センターは全域、車いすで入場できます。
• 入場料には、歓迎の歌、リルワット族またはスコーミッシュ族の大使による教育ガイドツアー、2つの民族の歴史を紹介する短編映画、楽しい工芸教室が含まれています。
• 施設内にはATMがあります。
• 施設内にはギフトショップやカフェもあります。

旅行に適した時期

• 大使によるガイドツアーは1時間に1回、正時に始まります。
• 夏季(5月から9月)は、火曜日の夕方に伝統的なバーベキューを開催しています。
• 冬季(10月から4月)の月曜日は休館です。
• 毎月のワークショップについては、ブログを確認してください。

お役立ち情報

• お子様連れでも楽しめます。手で触れる展示物もあります。
• 展示物についての説明は10か国語で紹介しています。オーディオツアーと大使によるツアーは英語で行われます。
• 全館車いすに対応しています。
• 大使によるガイドツアーは正時に始まり、所要時間は約1時間です。文化センターの展示物を楽しむには、最低でも、もう1時間は必要です。

現地までの交通手段

• 行き帰りにはタクシーが便利です。
• 文化センターにはウィスラー・トランジットの無料の往復シャトルが停車します。
• 敷地内に乗用車とキャンピング・カー用の駐車場があります。
• ウィスラーは、海と空の絶景が広がるハイウェイを利用して、バンクーバーから北に車で2時間の場所にあります。
• ウィスラーへのアクセスには、一年中運行されているシャトル・バスの利用が便利です。バンクーバー国際空港(YVR)からは直行のシャトルバスが運行しています。