州: ヌナブト準州

アークティック・ヘイブン・ウィルダネス・ロッジ – 春のカリブー大移動

  • 35万頭ものカリブーの移動
  • 北極圏の4大捕食動物 - 狼、グリズリー・ベア、クズリ、ワシ
  • 白夜の中で楽しむ14泊

マニトバ州との境界からわずか北にある、ヌナブト準州バレンランズに位置するアークティック・ヘイブン・ウィルダネス・ロッジ。飛行機は、その傍らの土の滑走路に着陸します。 木が育たないツンドラ地帯をガイドとともにスノーモービルで走ると、突然、春の出産のために北へ500km移動する、何百頭ものカリブーの群れに囲まれます。 狼、グリズリー・ベア、クズリ、クロクマが群れを追う姿を見つけると、アドレナリンが体中を駆け巡ります。 正真正銘の北極圏サファリで、スリルに満ちた原始の自然を間近で体験しましょう。 1日の終わりには、エナダイ湖の凍った岸辺に佇む5つ星の木造ロッジに戻り、大自然に囲まれた贅沢を楽しむことができます。 アイスフィッシングをしたり、 スノーシューやクロスカントリー・スキーで近隣の森を探索することもできます。 辺境の地にキャンプを張り、そこで一夜を明かして、カリブーの大移動を観察してください。 そして、シェフが用意したグルメ料理を、上質なカナダ産ワインとともに楽しみましょう。 部屋の中から外を覗いてください。白夜のカミヌリアック湖を渡る35万頭のカリブーの群れの一部が、窓のすぐ側を通り過ぎるのが見えるかもしれません。

見どころのポイント
  • アメリカ大陸北方で昔から続くカリブーの長距離移動。安定個体群のカリブーの最後の群れを観察できるまたとないチャンスです。
  • カミヌリアック湖を渡るカリブーの群れを追跡しながら、北極圏の捕食動物を観察できます。
  • 辺境の地で、イヌイット族のスタッフから、イヌイットの文化や、過去と現在のカリブーとの触れ合いについて学ぶことができます。  
  • 雪のアウトドア・アクティビティに参加したり、ツンドラ地帯の辺境の地にキャンプを張って一夜を明かせます。
  • 北極圏の大自然に囲まれた豪華なロッジでゆったりとくつろげます。
  • 白夜の中、24時間沈まない太陽を体験できます。

天候&季節

  • ツンドラ地帯の天候は、季節ごとにがらりと変わります。 春は青空と暖かい日差しが24時間続くのが特徴的ですが、曇り空や風の強い天候に変わることもあり、軽いにわか雨、みぞれ、さらには雪を伴う寒い日が続くこともあります。 5月の平均気温は、-5°C~+20°Cです。 降水量は少なく、年間150mm未満です。 現地の気象情報 をご確認ください。 この地域の天候パターンについては、カナダ環境省が提供するカナダの標準的気候に関するウェブサイトで確認できます。
観光案内
旅行に適した時期
  • 春の大移動は短期間で終わるため、アークティック・ヘイブンへのツアーは、5月初旬の1度きりに限定されています。 
お役立ち情報
  • この北極圏探検ツアーでは、アウトドア・ツアーに精通した参加者だけでなく、冒険心があれば、初めて参加する旅行者も歓迎されます。
  • 持参する必要がある最重要アイテムは、保温性に優れたゴム長靴です。 
  • レインコートも持参してください。また、肌から熱を逃さないためにも、(木綿ではなく)化学繊維の長袖長ズボンの肌着を用意してください。
  • パーカーや防寒ズボンはレンタルで利用できます。
  • 24時間日が沈まないため、日焼け止めがあると便利です。バレンランズでは、まだ虫が出る季節ではないため、虫除けは必要ありません。
現地までの交通手段
  • 参加者は通常、アークティック・ヘイブンへの出発前日にイエローナイフに入ります。 イエローナイフ空港(YVF)へは、カナダ南部から航空会社数社が便を運航しています。
  • その翌日、プライベート機で1時間55分(750km)東へ飛行し、アークティック・ヘイブンの滑走路に到着します。