多文化に彩られたカナダの情熱と誇りを体感する

  • 16のユネスコ世界遺産
  • 2,400以上の博物館・美術館
  • 200の民族と100の言語

カナダの文化はそのバラエティに富んだ国土と同様に多彩です。意外に知られていないカナダの歴史。山や森の奥深くに足を踏み入れれば、先住民の神話と深い関わりのある歴史が感じられるはずです。

カナダのユネスコ世界遺産を巡れば、大草原に住む先住民やバイキングの野営地の6,000年の歴史を知ることができます。ティピーでキャンプして、星空の下で眠ることも。メープルシュガー・パイに、フランス薫る音楽。フレンチ・カナディアンの文化をたっぷり味わいましょう。世界的に有名なカルガリー・スタンピードでは、空高く帽子を投げ上げてみましょう。毛皮の運び屋のカヌーを漕いで、水路を進みます。ケベック・ウィンター・カーニバルでは輝く氷の城の中を探索します。イヌイットの芸術・音楽フェスティバルは、白夜の中でリズムに合わせて音楽を堪能できます。そんなひとつひとつの物語がカナダならではの魅力を紡ぎ出しているのです。

アルバータ州

オンタリオ州

  • フォート・ウィリアム歴史公園では、19世紀当時の生活を体験し、スコットランド人の毛皮商人たちや毛皮の運搬を請け負ったフランス人船頭たちの暮らしをしのぶことができます。
  • カナダ国立美術館では、カナダの風景画家グループ、グループ・オブ・セブン、イヌイットの彫刻師、カナダの前衛アーティストの作品に感銘を受け、想像力が広がることでしょう。
  • ストラトフォード・シェイクスピア・フェスティバルでは、俳優と交流し、伝説的な衣装や舞台裏の小道具を見学しましょう。
  • 総合的なアート・フェスティバル「ルミナート」の期間中、トロントはアート作品、ファッション、音楽ライブ、屋台料理などで賑わいます。
  • 有名なアルゴンキン州立公園では、開拓者のようにカヌーを漕いで丸太のキャビンに移動し、毛皮を運搬します。

ケベック州

  • カナダ文明博物館の広いグランド・ホールでは、1,000年にわたるカナダの歴史をたどり、世界最大のトーテム・ポールのコレクションを見ることができます。
  • ケベック・ウィンター・カーニバルでは、氷の城を訪れ、スノーボードを楽しみ、犬ぞりレースを観戦し、馬車で石畳の道を走り抜けます。
  • モントリオールの東部にある伝統的なシュガー・シャック(砂糖小屋)、シュクレ・デ・ラ・モンターニュでは、メープル・タフィーをひねり、バイオリンの音色を聴き、甘い香りをかいでください。
  • 歴史あるケベック・シティのローカル・ウォーキング・ツアーでは、フランス系カナダ料理を味わい、ケベックの心に触れます。
  • モントリオール国際ジャズ・フェスティバル では、3,000人のジャズ・マスターのソロに思わず足がリズムを刻み、ハーモニーに心が奪われます。

ニュー・ブランズウィック州

  • アカディア・フェスティバルは、カナダ沿海州に定住したフランス系移民たちの喜びや人生を祝福するお祭り。コンサート、ショー、民族行事に沸きます。
  • キングズ・ランディング歴史村では、小走りする馬車馬、村の鍛冶屋、バイオリン奏者、フープ・スカートの婦人が、開拓者たちの生活を思い起こさせます。
  • ハーベスト・ジャズ&ブルース・フェスティバルでは、ジャズとブルースの世界にどっぷり浸りましょう。世界的に有名なスターが注目の新人とともに時にはワイルドに、時にはなめらかにブルースを奏でます。

ノバ・スコシア州

  • ハリファックス・シタデルでは一日兵士になり、鎧をまとって堂々と発砲してください。
  • バイオリンと歓声に沸くケルト・カラーズ国際フェスティバルは、9日間にわたるケルト伝統文化のお祭り。賑やかな音楽やダンスに観客も思わず体が動き出します。
  • 必ず食べておきたいのが有名なロブスター・パウンド。港でロブスターを自分で選び、すぐその場で料理します。また、アーティストの工房巡りや高潮の写真撮影もお忘れなく。
  • トラウト・ポイント・ロッジでは、さまざまな歴史に彩られた原野の中心で、ノバ・スコシア州のケージャン風のシーフード料理と贅沢な空間を堪能してください。

ブリティッシュ・コロンビア州

  • 砂金をえり分け、鍛冶屋が金床を打つ音を聞き、伝説のゴールドラッシュ時代の開拓者と交流し、駅馬車でバークビル歴史村を巡ります。
  • ロイヤルBC博物館ではでは、カナダの歴史を垣間見ることができます。フワフワとしたマンモスの毛皮に触れられるコーナーも。また、学芸員やコレクション担当者がさまざまな模型・資料を使って見事な展示品を制作している舞台裏も見学できます。
  • ブリティッシュ・コロンビア州オカナガン渓谷に広がる陽当たりのよいミッション・ヒル・ファミリー・エステートのブドウ畑。芸術、ワイン、料理、建築…まるで上質なボルドーワインのようにバランスのよい環境は、いつまでも忘れられない体験になるはずです。
  • Siwash Lake Ranchに足を踏み入れた瞬間、気分が高揚。ちょっとリッチなカウボーイやカウガールに変身して、320平方Kmに及ぶ広大な西部の原野を駆け回りましょう。

天候&季節

地域や季節によって天候はさまざまです。現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの標準的気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。

旅行に適した時期
  • カナダでは、芸術や文化のアトラクションが一年中開催されています。
  • 夏の美術館・ギャラリー巡りは、シーズンとあって行列覚悟。ピーク期ではない春や秋なら、ゆったり鑑賞することができます。
  • カナダでは、ストリートで観衆が熱狂する国際的なジャズ・フェスティバルから、観客を冬の楽園へと誘うスノー・イベントに至るまで、さまざまなフェスティバルやイベントが開催されます。
お役立ち情報
  • メティ、イヌイット、ファースト・ネーションズなどカナダ先住民は120万人に及び、それぞれ特有の神話や言語、芸術、音楽が受け継がれています。
  • ケベック州やアカディア地方のアクセントで「bonjour」と言えるようにフランス語を練習してみてください。
  • カナダの暗黒の歴史をじっくり知るには、ローレンス・ヒル著「The Book of Negroes」など、定評ある歴史小説がおすすめです。
  • エミリー・カーは、伝説的なカナダの風景画家グループ、グループ・オブ・セブンの一員でしたが、彼らの影響はカナダ国立美術館の展示にも表れています。