州: サスカチュワン州

反乱の歴史とメティの抵抗精神を知る

  • 800人の強大な政府軍
  • 300人のメティの防衛隊
  • 歴史に残る1つの戦場

有名なバトッシュの史跡を歩いていると、教会の入口の上に弾痕が残っているのがわかります。目を閉じると、火薬の臭いが漂い、頭上を飛び交う弾丸の音が聞こえる気がするでしょう。射撃壕の奥深くに潜み、メティ(フランス系白人と先住民の混血)の指導者であるルイ・リエルに率いられた多勢に無勢の反乱軍は、イギリス人兵士たちを撃退しようとしていました。兵士たちは優れた大砲と、すばやく発射できるガトリング銃を装備していました。メティ社会がそのアイデンティティを見出し、カナダの歴史の道筋を変えた3日間。1885年のノースウエストの反乱の物語に引き込まれていきます。

当時の衣装を着た解説員が、あの戦いの日々へ、そして1860年から1900年頃のメティの村の生活へと誘います。

見どころのポイント
  • リエルの反乱の中心地を訪ね、カナダとメティの歴史の道筋を形成した戦場を巡りましょう。
  • ガイド付きウォーキング・ツアーに参加して、教会から農場主の家まで村と史跡を見学し、1860年から1900年までメティが通った道をたどりましょう。
  • 当時の衣装を身にまとった解説員が、メティの生活と、カナダ最大の反乱について詳しく説明してくれます。
  • 戦場跡、塹壕、射撃壕を見学しましょう。
  • 受賞歴のあるビジター・センターの新しいマルチメディア展示は見逃せません。
  • 子供向けのアクティビティなら、Xplorers Clubやジオキャッシング(GPSを利用した宝探し)がおすすめです。ノースウエスト陸軍に「入隊」し、レッド・リバー・フレームの建設体験などもできます。
  • 柳の木立や揺れるポプラ並木を抜けて続く、ノース・サスカチュワン川沿いの眺めの良いハイキング・トレイルを歩きましょう。
  • ビジター・センターでちょっとひと休みしてピクニック・ランチ。

天候&季節

サスカトゥーンは、カナダで最も晴天の多い街の1つです。冬の季節は通常、11月から3月中旬です。3月中旬までは、夜間の気温は氷点下になります。暑い夏の季節は、6月上旬から9月中旬まで続きます。現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの標準的気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。

観光案内
旅行に適した時期
  • 4月から5月は、貴重な野生植物の花の観察に最も適した時期です。
  • 6月から8月は暖かい天候が続きます。
  • 史跡の年間イベント予定を確認してください。
  • ハイキング・シューズ、自転車、カヌーを持参して、眺めのよい史跡のトレイル沿いを探索し、サウス・サスカチュワン川の素晴らしい景色を満喫しましょう。
  • 7月に行われるメティ文化の祭典、バック・トゥ・バトッシュ・デイズをお見逃しなく。
お役立ち情報
  • 歩きやすい服と靴の着用をおすすめします。
  • 子供向けのプログラムもあります。
  • 午前または午後いっぱいここに滞在するように計画を立てましょう。飲料水を持っていくのを忘れずに。
  • 史跡内の建物は車いすで入場できます。
  • 身体の不自由な方のために電動車いす数台とゴルフカート1台があり、必要に応じて利用できます。
現地までの交通手段
  • サスカトゥーンの北88km、ワカウにあります。
  • ルイ・リエル・トレイルと呼ばれるハイウェイ11を北へ向かってロスサーンまで進み、ハイウェイ312を東へ交差点225まで進みます。バトッシュはこの交差点の北11kmにあります。