州: ノバ・スコシア州

ノバ・スコシア州:潮と走る

  • 17mの潮位差
  • 10kmのランニング・コース
  • 参加者1,200名

ユネスコ世界遺産のファンディ湾へようこそ。ファンディ湾は、世界有数の極端な潮の干満と絶景を誇り、「ノット・シンス・モーゼ」ファン・ラン&ウォークの格好の開催地となっています。想像してみてください。15mも潮が引き、数時間とはいえ泥だらけの海底があらわになるのです。そこを1,200人の参加者が泥に足をとられながら10kmを駆け抜けます。数時間後には潮が再び満ち、参加者の足跡は跡形もなく消えてしまいます。これは現実の話です。ノット・シンス・モーゼ(「モーゼ以来初めて」の意)では、まさにこのように海が割れるのです。

ノバ・スコシア州のファイブ・アイランズ州立公園で行われるこの毎年恒例の催しは、世界有数の潮位差を利用し、美しい海景の中、楽しんで走る、誰もが参加できるスポーツイベントです。汗と涙(笑いの涙)がドロドロに汚れた自分へのご褒美と言えます。地元産のシーフード、ライブ・ミュージック、ばか騒ぎと海辺の温かいもてなし。この夏、潮の引いた海岸をノバ・スコシア流に走ってみましょう。

見どころのポイント
  • ファンディ湾の劇的な潮位差15mの干潮時に、あらわになった海底のランニングに参加。5kmまたは10kmのコースがあります。
  • 岸壁の90m下をランニング(またはウォーキング)。ロング・アイランドの「ホール」など、すばらしい海景沿いに海洋生物が多く生息する潮間帯を走ります。
  • 開催地で行われるレース後のパーティー。ライブ・ミュージックの演奏や詩の朗読が行われます。地元消防署のボランティアがふるまう、走った後にぴったりのヘルシーな夕食を楽しみましょう。
  • 満潮時から干潮時の、地上最大の潮位差を目撃。1度の潮の満ち引きで、ファンディ湾には、1000億トンの海水が出たり入ったりします。これは世界の淡水河川で24時間に流れる水の量をすべて足したよりも多い量です。
  • ファイブ・アイランド州立公園。灯台を訪ね、貝や石を拾いましょう。シーカヤックのレンタルもできます。大西洋のパノラマビューに臨んだテントで就寝を。
  • ノバ・スコシア州とニュー・ブランズウィック州の浜辺や海岸沿いのドライブ。見晴台からはホエール・ウォッチングもできます。道中、アカディア文化にどっぷり浸れます。

天候&季節

観光案内
  • ノット・シンス・モーゼの5km/10kmランニング/ウォーキングのイベント情報
  • 参加登録できるのは、1,200人までに限られています。早めの登録をおすすめします。
  • 参加費がかかります。家族割引もあります。
  • 100m、500m、1,000mの子供向けウォーキング/ランニングも開催されます。
  • 開催地では、キャンプができます。ホテル/モーテルといった宿泊施設は、近隣のパースボロにあります。
旅行に適した時期
  • イベントは毎年7月に開催されます。
  • ファイブ・アイランズ州立公園は、6月中旬から10月中旬まで開園しています。
  • ファンディ湾の潮位差は春に最高になります。
お役立ち情報
  • ドロドロに汚れます(シャワー/更衣室は現地に用意されています)。
  • 健康な方のみ参加できます。事前のトレーニングをおすすめします。
  • ボランティアを募集しています。
  • ランニング・ルートでは水が提供されます。救急救護の人員がスタンバイしています。スタッフが誰も取り残されていないことを隈なく確認します。
  • 5kmと10kmのランニングの男女上位3選手には賞金が贈られます。
現地までの交通手段
  • 最寄りの空港は、ハリファックス・スタンフィールド国際空港(YHZ)です。
  • ファイブ・アイランズ州立公園へは、ノバ・スコシア州ハリファックスから車で2時間です。
  • ファイブ・アイランズ州立公園へは、ニュー・ブランズウィック州モンクトンから車で2時間です。
  • レンタカーは、ハリファックス・スタンフィールド国際空港で借りられます。
  • ハリファックスには、鉄道でアクセスできます。