州: オンタリオ州

自然と語り合う夜

  • 7人の画家 - グループ・オブ・セブン - 不滅のアルゴンキン公園
  • 7,653km²におよぶ湖、川、森林
  • カナダ東部に生息する絶滅の危機に瀕した150~170頭のオオカミ

8月の木曜日の夜のアルゴンキン州立公園。オンタリオ州で最も古く、特徴的な風景が広がるこの国立公園に、コーリング・ザ・ウルブズ・ツアーの参加者が集まってきます。オープンエアの円形劇場で、ガイドがカナダ東部に生息するオオカミの生態を説明してくれます。オオカミがどのように狩りをし、何を食べ、どのようにしてこの公園のシンボル的存在になったのかなどを知ることができます。ガイドは、週の前半にオオカミの行動を追跡しています。その場所は車ですぐのところにあります。ハイウェイが閉鎖され、エンジン音が聞こえなくなると、自然との語らいの時間の始まりです。まずは、ガイドがオオカミをまねて、長い長い遠吠えを始めます。じっとしたまま、 暗闇を見つめ、 息を殺して待ちましょう。オオカミが遠吠えを返してきたら、まるで自分とオオカミが1対1でコミュニケーションしているように感じるはずです。他の人がいても気になりません。暗闇から聞こえる、 野生の呼び声。ぞくぞくする体験が待ち受けています。

見どころのポイント
  • オンタリオ州最古の州立公園で、ありのままの自然を体感できます。
  • 円形劇場に座り、オオカミの狩猟方法、遊び方、移動の仕方を学びます。
  • 車で少し移動するだけで、野生の世界が待ち受けています。
  • 星が輝く夜空を見上げながら、キハダカンバの葉が風にサラサラとそよぐ音に耳を傾けましょう。
  • 説明をよく聞き、小声で話し、静かに歩くことが大切です。
  • ガイドがオオカミの遠吠えをまねる様子を目の前で見ることができます。
  • 野生のオオカミが遠吠えを返してくると、鳥肌が立つような興奮を味わうことができます。

天候&季節

観光案内
  • ウルフ・ハウル・ツアーの日程を確認できます。
  • 最寄りの町ハンツビルには、銀行、郵便局、ガソリン・スタンド、必需品を購入できるショップがあります。
旅行に適した時期
  • オオカミの遠吠えを聞くツアーは、8月または9月初旬(レイバー・デーの連休前まで)の木曜日、夜8時から11時に催行されます。ただし、天候が良好で、オオカミが近くにいる日に限ります。
  • 一般向けのウルフ・ハウル・ツアーが催行されない場合は、代わりに「アルゴンキン州立公園のオオカミ」のプレゼンテーションがあります。
お役立ち情報
  • ウルフ・ハウル・ツアーの日程は、オンラインのイベント・カレンダーで確認できます。
  • 公園に到着したら、掲示板を見て、参加当日のウルフ・ハウル・ツアーの催行状況を確認します。
  • 一般向けのウルフ・ハウル・ツアーに参加する場合は、公園に来る途中でガソリンを満タンにする必要があります。
  • 野外円形劇場には早めに到着することをおすすめします。
  • 入園許可証を購入する必要があります。
  • キャンプ設備やユルト(円形テント)を利用できます。
  • 犬の同伴は禁じられています。
  • 暖かい服装での参加がおすすめです。
現地までの交通手段