州: アルバータ州

カナダ初の国立公園を探検する

  • 温泉がふつふつと湧き出る伝説の洞窟公園第1号
  • 4台の高画質スクリーンで見るカナダ全土のビジュアル・ジャーニー
  • 全長7kmのすばらしい景観のハイキング・コース

すべてはここから始まりました。ケーブ・アンド・ベイシン国定史跡は、世界に誇るカナダの国立公園、国定史跡、国立海洋地区の制度の第1号として認定された大切な場所です。ガイド付きツアーでは、バンフのダイナミックな自然遺産に触れ、どんな発見が歴史の流れを一変させたかを学びます。
洞窟の噴出口からは、硫黄を含んだ温泉がもくもくと蒸気をあげながら吹き出しています。かつては大勢の湯治客を呼んだ絹のようになめらかな温泉に手を浸してみましょう。地下の洞窟からは、さまざまな色の光が揺らめいているのが見えます。木道から一望できるボウ・バレーの景観は、息をのむほど壮観です。ケーブ・アンド・ベイシンの温泉がやがて海へと流れていくように、遺産保護の考え方が時代とともにどのように変わっていったかを学びます。その後、ストーリー・ホールに設置された4台の高画質スクリーンで、カナダ全土の保護地区を紹介するビデオをご覧いただきます。

見どころのポイント

• カナダ初の国立公園、ケーブ・アンド・ベイシン国定史跡で、バンフの魅力あふれる自然遺産に触れます。
• 1883年、3人の鉄道員が黄金に輝く温泉をどのように発見したかを探ります。
• 歴史を感じさせるプールデッキの上で、ここを訪れた初期の湯治客がバンフ温泉[http://caen-keepexploring.canada.travel/places-to-go/banfflake-louise]を世界的に有名にした過去を振り返ります。
• 温泉に手を浸してみましょう。保護対象となっている温泉に触れられるのはここだけです。
• 雄大な山々に囲まれた手つかずの湿地帯を木道から一望し、記念写真におさめましょう。
• パークス・カナダの職員がガイドするツアーを利用できます。
• ストーリー・ホールに設置された4台の高画質スクリーンでは、カナダ全土の保護地区を紹介するビジュアル・ジャーニーを見ることができます。
• バンフ・スプリングス・スネイル巻貝(学名: Physella johnsoni)を見つけましょう。ベイシンのエメラルド色をしたミネラルたっぷりの水の中に棲んでいます。
• 先住民が1万3千年もの間、聖域とした場所のパワーを感じましょう。

天候&季節

• バンフ国立公園の繁忙期は夏(7月から9月)です。7月と8月は温暖で快適な気候ですが、雨や気候の突然の変化に備えて、重ね着をしていくことをおすすめします。
• 秋(10月から12月)になると、空気はきりっと冷たく感じられ、鮮やかな色に紅葉した木々の葉が落ち始めます。
• 冬(1月から3月)は寒く乾燥しています。山や平野部で雪が積もるので、ジャケットやブーツなどの防寒対策が必要です。
• 春(4月から6月)は過渡期的な季節で、地面にはまだ雪が残っているのに、夏のような暑さになることもあります。薄手の衣服とセーターが数着あると便利です。
現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの標準的気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。

観光案内

• 年中無休で営業しています。
• 営業時間と入場料
• ディスカバリー・ツアーは、7月と8月は毎日2回、ピーク時以外は毎日1回ずつ行っています。5月、6月、9月、10月は事前に予約することをおすすめします。
• 公園内にはギフトショップやカフェもあります。
• 史跡の年間イベント予定を確認してください。時間外にランタン・ツアーも行っています。
• 団体ツアーや特別ツアーは、事前に予約が必要です。

旅行に適した時期

• ケーブ・アンド・ベイシンは年間を通して営業しています。
• ハイシーズンは5月から9月で、アウトドアの探索や野生植物の観賞には7月と8月が最適です。園内には、ウェスタン・リリーやヤナギトウワタ、大高嶺薔薇などが見られます。春は黄色い胸をしたコマツグミやその他の野鳥のさえずりとともに訪れます。
• 秋は黄色や黄金色の木の葉に見送られながら、野鳥たちが南へ旅立っていきます。
• 冬は木道が一面真っ白に凍りつき、温かい温泉が流れた跡はまるで霜の彫刻のようになります。

お役立ち情報

• ディスカバリー・ツアーの所要時間は45分です。ただし、新設されたストーリー・ホール、洞窟、アウトドアのベイシン、木道など、思う存分楽しむには、2時間ほどかかります。
• ウェルカム・センターと敷地内には、ギフト・ショップ、カフェ、トイレ、広い駐車場があります。
• 車いすは地下の洞窟を含めて敷地内のほぼ全域に入場できます。

現地までの交通手段

• ケーブ・アンド・ベイシン国定史跡は、アルバータ州バンフのケーブ・アベニューにあります。
バンフ国立公園は、カルガリーから車でトランス・カナダ・ハイウェイを西へ90分行ったところにあります。
カルガリー国際空港(YYC)からは、ハイウェイ2を北上し、ストーニー・テイルで西に折れ、トランス・カナダ・ハイウェイ1に乗ってさらに西へ進みます。
空港からはバンフ行きのシャトルバスが運行されています。
レンタカーは、カルガリー、エドモントン、バンフで簡単に借りられます。
• バンフからは、バスやタクシーを利用できます。