州: マニトバ州

フレンチ・カナディアン流2月の過ごし方

  • 10日間の音楽とイベント
  • 高さ6mの雪の彫刻
  • 1,400カロリー相当のプーティン

「世界最大のキッチン・パーティー」とも言われるイベントにご招待。雪降るウィニペグのストリートで、食とパーティー気分、そしてフレンチ・カナディアンの伝統を満喫ください。復元された19世紀の毛皮取引の前哨基地を見学する。伝統的な酒精強化ワインを豪快に飲む。郷土料理を試す。ひげコンテストで笑う。フィドリングとジギングのダンス大会でつま先を打ちつけて踊る。高さ6mの雪の彫刻に見入る。各会場で行われる数々のライブ・ミュージックで盛り上がる。1820年代がテーマの祭典で語らう。これぞ、マニトバ州フレンチ・カナディアンの毛皮取引の歴史を祝う1年に1度のお祭、フェスティバル・ドゥ・ボワヤジュールです。10日間、地元の人々と観光客が一緒になって、寒さにも負けず、フランス語圏のありとあらゆるものが凝縮したこのお祭りを楽しみます。これこそがフレンチ・カナディアン流の2月の過ごし方です。

見どころのポイント
  • メインのフェスティバル会場、ボワヤジュール公園の開会式と閉会式を訪れてみましょう。ルイ・リエルそっくりさん大賞、フレンチ・カナディアン音楽のパフォーマンス、着ぐるみ大会、豆のスープの料理コンテンストなども開催されます。
  • フォート・ジブラルタルの19世紀、毛皮取引に使用された前哨基地を見学しましょう。伝統音楽や伝統舞踊も披露されます。歴史的な軍事戦略の展示、職人の技を学べるボワヤジュール・ワークショップ、鍛冶屋や毛皮商人の仕事紹介なども行われています。
  • 8ヵ所の会場には、目を見張るような雪の彫刻が並びます。すべて世界各国の有名な彫刻家の手によるものです。
  • リバー・トレイルでは、スノーシュー、そり、アイススケート、家族で参加できるボワヤジュールがテーマのゲームなどを楽しめます。
  • ウィニペグ周辺の20ヵ所以上の会場では、ライブ・ミュージックやDJパフォーマンスが繰り広げられます。夜を踊り明かしましょう。
  • フランス語圏特有の食べ物。目玉は、プーティン、トゥルティエール(ミートパイ)、スプリットピーのスープ、メープルシロップなど。大切な思い出の品も土産物テントで購入できます。
  • 名門フォート・ゲリー・ホテルで催されるこのフェスティバルで最もエレガントなイベント、バル・ドゥ・グーベルヌールに、正装に身を包んで参加しましょう。5品のコース料理とダンス、そして昔のコスチュームが楽しめます。

天候&季節

観光案内
旅行に適した時期
  • フェスティバル・ドゥ・ボワヤジュールは毎年2月に開催されますが、日付については毎年異なります。
  • フェスティバルでは毎朝・毎晩、イベントが催されます。
  • フェスティバルに関連した特別イベントやコンサートは、ウィニペグ市内の複数の会場で行われます。
お役立ち情報
  • フェスティバル・ドゥ・ボワヤジュールの会場の多くは、車いすで利用できます
  • フェスティバル・ドゥ・ボワヤジュールは年齢を問わず楽しめます。コンサートや特別イベントによっては、大人(18歳以上)のみが入場できます。
  • フェスティバル中、家族で楽しめるイベントも数多く催されます。
  • ボワヤジュール見習いワークショップでは、事前の登録が必要なこともあります。
  • 1日以上フェスティバルで過ごせるように、暖かい服装とアウトドア用のウォーキング靴が必要です。
現地までの交通手段
  • フェスティバル・ドゥ・ボワヤジュールはウィニペグのダウンタウンで開催されます。メイン会場はボワヤジュール公園となります。
  • すべての会場に、公共の交通機関またはタクシーで行くことができます。すべての公園では無料で駐車できますが、スペースに限りがあります。
  • ウィニペグ国際空港(YWG)へのフライト情報をご確認ください。
  • ウィニペグには、鉄道でアクセスできます。
  • ウィニペグには、バスまたは通年通行可能なハイウェイ1(トランスカナダ・ハイウェイ)を使い、車でアクセスできます。
  • 最新の道路情報とハイウェイ状況をご確認ください。