州: ブリティッシュ・コロンビア州

バンクーバーの山頂で思いっきり遊ぶ

  • 1,308mの標高
  • 時速80kmのスピードを味わえるジップライン
  • 2頭のグリズリー・ベアの姿も

山の頂上にそびえる風力発電用タービンから望むパノラマのような景色、70mのジップラインで滑空する渓谷、断崖絶壁からのタンデム・パラグライダー、自然保護区で見るグリズリー。そんな場面を想像してみてください。驚くことに、これらは全てバンクーバーの中心部からわずか20分の場所で体験できます。グラウス山へようこそ。ここは高地にあるアドベンチャーの中心地です。

北米で最大級のロープウェイに乗り込み、ほぼ海抜ゼロの地点から1,250mの山の頂上までドラマチックに上昇します。あなたの旅はまだ始まったばかりです。野生動物?スリル満点のアトラクション?探検感覚のハイキング?先住民の文化?それらを全て体験できるのがここ、グラウス山です。

見どころのポイント
  • 高さ58mの風力発電用タービン内にある展望台アイオブザウィンドは、山頂から望む360度の絶景と、自然エネルギーをパワフルに発生させる技術が見どころです。
  • 5つのセクションに分かれたジップライン・ツアーでは、時速80kmを超えるスピードで山岳地帯を滑空します。
  • タンデム・パラグライダーに乗って、グラウス山の山頂の上空1,000mを飛行します。または、自然の中をのんびり歩いて、大地を探索するのもよいでしょう。
  • 2万m²の保護区では、2匹のグリズリー・ベアのみなし子、グラインダーとクーラに出会えます。さらに、かつて映画やテレビで活躍した白いシンリンオオカミや、鳥類のショー「Birds in Motion」を見物できます。
  • グラウス山のゴンドラ、Skyrideからは、山、街、海が一望できます。
  • Hiwas First Nations Longhouseを訪れたり、西海岸の木材伐採のデモンストレーションを見学して地元の文化に浸ってみましょう。
  • グラウス山を贅沢に満喫するなら、ヘリコプターによる観光ツアーと、サンセットを臨むレストランでの高級ディナーがおすすめです。

天候&季節

グラウス山の海抜1,250mの地点では、夏(6月~9月)は温暖な気候ですが、11月から4月までは降雪があり、氷点下の気温となります。5月と10月は降水量が多く、降雪や寒冷な気温となる場合もあります。現地の気象情報をご確認くださいカナダ環境省のカナダの標準的気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。

観光案内
旅行に適した時期
お役立ち情報
  • アウトドアのアトラクションには動きやすい服装で参加しましょう。ウォーキングやハイキングを伴う場合があります。
  • グラウス山は家族連れにも最適です。
  • グラウス山の散策には丸1日必要です。
  • ジップラインおよびパラグライダー・ツアーの参加には体力的な目安があります。
  • 一部のアトラクションおよび体験メニューは、天候により催行されない場合があります。
現地の交通手段
  • バンクーバー中心部から車で20分のノース・バンクーバーに位置します。
  • 5月から10月の間は、チケットの購入者はバンクーバー中心部から無料のシャトルバスが利用できます。
  • グラウス山へは公共の交通機関でアクセスできます。
  • タクシーによる送迎が利用できます。
  • 敷地内に有料駐車場があります。