州: プリンス・エドワード島州

小さな町で大きな食文化を

  • 1983年創立のカリナリー・インスティテュート・オブ・カナダ
  • 360km²のジャガイモ畑
  • ロブスターの水揚げは1万トン以上

グルメ天国をお探しの方は、 プリンス・エドワード島(PEI)に目を向けてはいかがでしょうか。島の食を堪能する短期プログラムに参加すれば、カナダの一番小さい州にグルメ界の巨人がいるといわれる理由を知ることができるでしょう。この島のシェフたちは、鉄分を豊富にたくわえた赤土で栽培される島特産のジャガイモや、肉、魚介類など、ありとあらゆる新鮮な食材がふんだんに手に入ることで、多くの人から羨望のまなざしを受けています。シェフと一緒に地元の市場を訪れ、島の豊かな食材について生産者から学びながら、 その日に料理する献立の材料を仕入れます。世界に知られている特産品の採りたての新ジャガイモも、その日のメニューに入れてはいかがでしょうか。シェフの後についてカリナリー・インスティテュート・オブ・カナダのキッチンに入ったら、 まずは手を洗います。そして次は、手を汚します。これは実戦さながらの料理訓練なのです!シェフの指導を受けながら切ったり刻んだりして、極上の一品に仕上げていきます。
お皿に盛り付けたらでき上がりです。畑から食卓まで食材を上手く運んできたことを、シェフやクラスメートと一緒にお祝いしましょう。この優雅で快適なダイニング・ルームはルーシー・モードといい、息をのむほど美しいシャーロットタウンの港が一望できます。

見どころのポイント

• 島の市場や食糧資源を知っている人と一緒に行動して時間を効率的に使いましょう。
• 地域で生産されている豊富な食材について学びましょう。
• プロのシェフと一緒に働きながら、料理界の裏ワザを身につけましょう。
• カリナリー・インスティテュート・オブ・カナダは、ホランド・カレッジのツーリズム・アンド・カリナリー・センターの一部です。このカレッジでは、さまざまな国の学生を対象に料理やホテル・レストラン経営を教えており、カナダの料理学校の中ではトップクラスにランクされています。

天候&季節

• シャーロットタウンの夏は暖かく快適で、秋は冷え込みます。海洋性気候のため、天気は急変することがあります。
• 薄手の上着があると便利です。
現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの標準的気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。

観光案内

日程と料金
• 短期プログラムに参加できなくても、カリナリー・インスティテュート・オブ・カナダのおいしいお料理はルーシー・モードのダイニング・ルームでご賞味いただけます。ディナーは年間を通じて火曜日から土曜日に営業、10月から4月まではランチもお楽しみいただけます。

旅行に適した時期

• 繁忙期は7月から10月上旬までです。
• 島の食を堪能する短期プログラムは、指定日に開催されます。
• スリル・オン・ザ・グリル、シーフード101、タイム・マシン、アジアの味、季節のデザート、ロブスター・ラバーなど、その他の短期プログラムも実施しています。
• 子ども向けの短期プログラムも実施しています。
• ラム酒好き短期プログラムでは、プリンス・エドワード島とラム酒の関係を探索します(19歳以上)。
• 半日プログラムも実施しています。

お役立ち情報

• 参加者は動きやすい服装で、長ズボン、つま先の出ない靴(サンダル不可)を着用してください。
• シェフのコートと帽子は貸与します。
• 料理の経験は問いません。
• カメラや録音・録画機器の使用は許可されています。
• その他のプログラムと重ならない時期であれば、10人以上のグループを対象に特別プログラムを手配することも可能です。

現地までの交通手段

• 所在地はシャーロットタウンの海岸地域です。
• 敷地内に駐車スペースがあります。
• 最寄りの空港は、シャーロットタウン空港(YYG)です。
• プリンス・エドワード島は、車でコンフェデレーション橋を渡るか、ノバ・スコシア州からフェリーで行くこともできます。