州: ノバ・スコシア州

ケージャンのルートを求めてアカディアへ

  • アカディア人が切り拓いた13km²の土地
  • フランス語を母国語とする12の村
  • 1年に1度開催のフェイドードーに向けて2ステップのダンス・レッスン

アカディア文化の発祥の地にして、ユネスコの世界遺産にも登録されているグラン・プレの堤防や記念碑を散策しましょう。草や海、木、波が水平線であたかも東海岸のキルトのように折り重なります。さくさくとしたアナポリスのりんごをほおばりながら、400年前の生活を想像してみてください。フランス人の入植者は、泥と堤防、そして創意工夫を活用して、広大な塩分が多く含まれた干潟を肥沃な農地へと変えました。

アメリカ南部へのアカディア人の歴史的な脱出のシンボル、エバンジェリンの銅像の横に立ってみましょう 。村人たちの話に耳を傾けましょう。ファンディ海岸へと戻り、鮮やかなペンキとロブスターの罠、陽気なキッチン・パーティーで地域を再建した脱出民の子孫の物語が聞けるでしょう。さらに、灯台の食堂に腰を下ろし、アカディアのクリーム・エールとともにポテトとチキンのラピー・パイを食べてみましょう。家族経営のブドウ園を訪れれば、アカディアの若い白ワインとともに胡椒をまぶしたホタテを味わえるでしょう。

見どころのポイント
  • その文化の歴史と農村風景でユネスコ世界遺産に登録されているグラン・プレで、カナダのアカディアとルイジアナのケージャンのつながりを学びましょう。
  • 受賞経験もあるツアー・ガイドとアナポリス・ロイヤルのアカディア人の子孫とともに、何世紀もの時をさまよいましょう。
  • 間近に押し寄せる世界有数の高波を見ながら、ホールズハーバー・ロブスター・パウンドでロブスターを味わいましょう。
  • 伝統的なクレアのアカディアン・フェスティバル。手を打ち鳴らしながら「フェイドードー」を踊りましょう。
  • 1000人の漁師が漁に出るデニス・ポイント・ワーフ。漁師と会話を楽しみましょう。
  • ヤーマスでは、ハドックのおろし方やホタテの殻むき、ロープのつなぎ方が学べます。

天候&季節

観光案内
旅行に適した時期
  • グラン・プレの風景はいつでも堪能できますが、国定史跡内の施設は5月から9月までのみの営業です。
  • 夏は、フェスティバルやファーマーズ・マーケットのシーズンです。近海で獲れた海の幸を楽しむセーバー・ザ・ローカル・シーやシーフェスト、そして音楽の祭典ミュジーク・ドゥ・ラ・ベなどが催され、ヤーマス、ベリボー・コーブ、アーガイルには市が立ちます。
  • 9月には、2階建てバスの上階に乗って近隣のワイン醸造所を巡ることができます。
お役立ち情報
  • 地域の湿地を巡る際は、個人所有の敷地には入らず、公道にとどまるようにしてください。
  • 「グラン・プレ」は、その土地一帯を指しています。アカディアン・ショアーの村々を訪れてみましょう。
  • オーセンティック・ホストを尋ねれば、地元の人々と交わることができます。
現地までの交通手段
  • グラン・プレは、ハリファックスから北へ車で1時間、ウォルフビルの村近くに位置します。
  • グレイハウンドが、ハリファックスとウォルフビル間のバス路線を運行しています。
  • 5月から12月にかけては、ニュー・ブランズウィック州からMVプリンセス・オブ・アカディア・フェリーに乗り、海路でアクセスできます。
  • ウォルフビルとヤーマス間のアカディアン・ショアー沿いには、毎日数本のシャトルサービスが運行されています。
  • 敷地内に乗用車とキャンピング・カー用の駐車場があります。