母なる大自然がつくりだす鮮やかな光のショー

  • 秒速400kmの太陽風
  • 地上90~500kmに出現
  • 4ヵ月にわたる観賞のベストシーズン

急いで窓辺や外へ走り、空にゆらめく緑、赤、青、紫の光のリボンを見上げましょう。オーロラは地平線いっぱいに広がり、徐々に力強さを増していきます。鮮やかな色彩の帯がきらめいて踊る様子はまさに夢のようです。ヌナブトの静寂の中でオーロラを見ていると、多くのイヌイットが彼らの歌と太鼓の演奏によって、この光の帯が強さを増すと信じていることを理解できるでしょう。オーロラは大自然の光のショーです。秋から冬、そして初春の長くて暗い夜が続く季節には、自分だけの特等席を用意しましょう。都会から遠く離れたノーザン・ケベックで、オーロラの光を頼りにフライ・フィッシングを楽しみ、ホッキョクイワナを釣り上げましょう。ノースウエスト準州では、カリブーの肉やロッジ近くの凍結湖で捕れたカワカマスなど地元の食材を使った料理を味わいながら、大切な人と一緒にオーロラ観賞が楽しめます。まばゆいばかりのオーロラは、ラブラドールの壮大なケインズ・クエストでスノーモービルを走らせる人々や、ユーコンで犬ぞりを操るマッシャー、クロスカントリーに挑戦するスキーヤーたちを明るく照らします。そして、この息をのむような光景は、快適なキャビンやテントの中からでも、ぜいたくな屋外バスタブから立ち上る湯気の隙間からでも楽しむことができます。そして、ベッドや寝袋の中にもぐりこめば、宇宙を舞う色とりどりの妖精たちの夢が見られるかもしれません。

ケベック州

  • 北の大地で水上飛行機のサファリに出発しましょう。ケベック北極圏のラピッド・レイク・ロッジでは、フライ・フィッシングやフィヨルドのハイキングが楽しめます。日中はヌナブト準州のツンドラの自然に触れ、夜にはきらめくオーロラを観賞できます。

ニューファンドランド&ラブラドール州

  • 毎年4月、ラブラドール・シティから2,300kmもの険しい冬道をスノーモービルで駆け抜けるケインズ・クエストは、カナダ最長のスノーモービル耐久レースです。
  • 壮大なフィヨルドとイヌイットの遺産であるトーンガット山脈国立公園保護区を散策し、シロクマやカリブー、オーロラを見ながらツンドラでキャンプをしましょう。

ヌナブト準州

  • 北極圏の人々にまじって、イカルイトのトゥーニック・タイムのお祭りで長かった冬の終わりを祝いましょう。アイス・フィッシングを楽しみ、ポンド・ホッケーに興じ、イグルー作りに参加。夜空に舞うオーロラのもと、凍った海の上を犬ぞりで走ることができます。

ノースウエスト準州

  • イエローナイフ近郊では、ベックス・ケンネルが催行するツアーに参加し、懸命に走る犬たちが引くそりに乗って、月明かりに照らされた雪道を駆け抜けましょう。夜は、ゴールドラッシュ時代を彷彿とする暖かいテントの中で、空を眺めながら眠ることができます。
  • ホワイトホースからツクトヤクツクまで、北極海に多彩なオーロラが反射する氷の道をドライブしましょう。
  • 軽飛行機でグレート・スレーブ湖までひとっ飛びして、ブラッチフォード・ロッジの素朴なログ・キャビンで豊かなひと時を過ごしましょう。グルメな食事と雪遊びの後は、大きなバスタブから空にゆらめく光を楽しむことができます。

ユーコン準州

  • オーロラは毎晩現れるとは限りませんが、ワトソン湖にあるノーザン・ライツ・センターでは、いつでも屋内でオーロラを観賞することができます。
  • カナダのクロンダイク・ゴールドラッシュの中心だった歴史的な街ドーソン・シティでは、砂金すくいやカンカン踊りに挑戦したり、ロバート・サービスの詩を朗読したり、オーロラを見たりすることができます。
  • ホワイトホース近郊の真っ暗な大自然に出て、夜空に七色の光のカーテンがたなびく様子を楽しみ、伝統的な極北スタイルのテントの中、薪ストーブの火で暖をとりましょう。
  • アラスカとドーソン・シティの間で行われる長距離のスノーモービル・アドベンチャー、トレック・オーバー・ザ・トップに挑戦してみましょう。

天候&季節

旅行に適した時期
  • オーロラは年間を通じて発生しますが、通常は比較的暗く、雲のない夜にのみ見ることができます。
  • 緯度にもよりますが、9月から4月の間に観察できます。
お役立ち情報
  • 夜間頻繁に起きる屋外での急激な気温の低下に備えて、フード付きのコートや手袋、暖かいブーツなどの防寒着を用意してください。
  • 事前にオーロラ予報を確認しておきましょう。