州: ユーコン準州

北の大地でオーロラを観察する旅

  • 18時間続く夜空に見えるオーロラ
  • 時速160万kmの太陽風
  • 地上100kmの上空に現れるオーロラのダンス

ユーコン準州ホワイトホースから20分移動すれば、大自然が目の前に広がっています。大自然の中、冬の真っ暗な空の下に飛び出すと、オーロラが最高の輝きを見せてくれます。ノーザン・テールズ・トラベルのオーロラ観察の拠点は、ノーザン・ライツ・トレーディング・ポストです。これは、かつて金鉱を探しにやって来た人々や、罠を仕掛けに来た猟師たちが使っていた居心地のよい箱型テントです。防寒着に身を包んで外に出てみましょう。空を見上げると、緑や黄、ピンクや青といった七色の幻想的な光のカーテンに圧倒されるでしょう。体が冷えたら薪ストーブが赤々と燃えるテントに潜り込み、熱々のホット・チョコレートが入ったマグで冷たくなった手を温めましょう。地元のガイドが目の前でメープルタフィーを作りながら、いろいろなオーロラの話を聞かせてくれます。素晴らしい光景に興奮しても、明け方には眠くなるはずです。その時は、ホワイトホースのホテルに戻りましょう。ホワイトホースでは、ゴールドラッシュの歴史を物語る建造物を見て回ることができます。次の日の夜もまた、雲1つない夜空になることを祈りながら、防寒着を着て出かけましょう。大自然による鮮やかな光のショーがアンコールに応えてくれるかもしれません。

見どころのポイント
  • 街の灯りの届かない場所で、煌々と輝くオーロラを見てみましょう。
  • 壮大な光景に遭遇するチャンスが増えるよう、何夜か続けて観測場所に通ってみてください。
  • 夜はオーロラを見に行きますが、日中はスノーモービル、アイス・フィッシング、犬ぞり、クロスカントリー・スキー、スノーシューといった冬のアクティビティにもトライしてみましょう。
  • 歴史的な建物やゴールドラッシュ時代の名残りが残る、個性的なホワイトホースの街を散策してみてください。丸太で建てられた「高層建築物」は見ものです。

天候&季節

観光案内
旅行に適した時期
  • オーロラ観賞には9月が最も暖かく、紅葉も楽しめるでしょう。
  • 9月に旅行すれば、色鮮やかな紅葉を楽しむことができます。
  • 2月のサワードー・ランデブー・フェスティバルに合わせて訪れるのもよいでしょう。
  • オーロラ観賞を2月のフロスト・バイト・ミュージック・フェスティバルに合わせるのもおすすめです。
  • 11月から1月は日が最も短く、空が最も暗くなる時期です。この時期のオーロラは、輝きが最も強く、最高の状態が観賞できます。
  • 2月から4月には、急速に日が長くなり気温も上がります。日中ウィンター・スポーツを楽しむには最適の時期です。
お役立ち情報
  • 防寒着パッケージをレンタルできます。当地の気候に適した防寒着を持っていない場合はこのパッケージのレンタルがおすすめです。
  • パッケージには、フリース裏地のパンツと上着、ウィンター・ブーツ、手袋、帽子などが含まれています。
  • カメラを持参してください。オーロラを鮮やかに撮影するためには長時間露光が必要なため、三脚があると便利です。
現地までの交通手段
  • ホワイトホースは、カナダ北極圏の西部に位置するユーコン準州にあります。カナダ南部、ノースウエスト準州、アラスカ州から(時期によってはドイツからも)ホワイトホース空港(YXY)への定期便が運航されています。
  • ブリティッシュ・コロンビア州からでアクセスする場合、アラスカ・ハイウェイかStewart-Cassiarハイウェイを利用してください。
  • ユーコンの最新のハイウェイ情報を確認してください。