州: マニトバ州

世界クラスのフィッシング・ロッジで大物をキャッチ&リリース

  • 最寄りの舗装道路から500km彼方
  • 200kmに及ぶ湖
  • 記録は全長140cmのレイク・トラウト

記録的なサイズのレイク・トラウトやカワマス、アークティック・グレイリングを狙えるスポットは、世界でもそう多くはありません。カナダ極北、マニトバ州とヌナブト準州にまたがって点在するフライイン・フィッシング・ロッジ、ニューエルチンは、そんなスポットのひとつです。

チャーター機から降り立つと、カナダ国境近くの舗装道路からは何百kmも離れた大自然に囲まれます。心のこもったおいしい食事とスタッフの笑顔、くつろげる暖炉とやわらかいベッドがそろったロッジで、文明社会のストレスから解放され、至極のひとときを堪能できます。配慮は隅々に行き届いており、すぐに湖へ出られます。氷河期の終わりに形成された何千という湖、川、入り江、島で構成される風景は、釣り人が追い求める大物と同様、壮大です。ゲストとガイドは、亜寒帯の自然の中をボートや水上飛行機で移動します。巨大な魚を、さらにそれらを大量に釣り上げる最大のチャンス、到来です。

見どころのポイント
  • 亜寒帯特有のヌナブト準州の壮大な自然に囲まれた高級フライイン・ロッジで、記録的なレイク・トラウトや巨大なカワマス、気性の荒いアークティック・グレイリングをキャッチ&リリース。
  • 世界クラスの施設を誇るニューエルチンのツリーライン・ロッジ。設備が充実したバスルーム、高速インターネット、衛星放送などの設備が整ったプライベート・キャビン、ウェルカム・カクテル、そしておいしい家庭料理。
  • 200kmもの長さの湖でフィッシング。加えて、何千という島や入り江を探索。
  • 水上飛行機で、さらに人里離れた普段は行けないスポットに日帰り、または1泊旅行も可能。
  • 環境を保護されている湖でフィッシング。ニューエルチン湖は、1970年代以降、北米で厳重に保護されている湖のひとつです。
  • 冒険と大自然でのフィッシングのための拠点と、施設の整った快適な宿が融合した、ニューエルチンの小型ロッジ。

天候&季節

  • 6月から9月にかけて、天候は不安定です。ニューエルチン湖は、西方の雲行きに強く影響されます。この時期の平均気温は25℃です。ただし、風向きが北、または東に変わると、ニューエルチン湖は非常に涼しくなることもあり、また気温が30℃を超えることもあります。夜間は冷え込むことがあります。天候の良し悪しに関わらず、高品質のレイン・ウェアと防水ブーツを持参してください。
  • 現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの標準的気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。
観光案内
旅行に適した時期
  • ニューエルチンのフライイン・ロッジは、6月中旬から9月中旬の夏季のみ、ご利用になれます。
お役立ち情報
  • 予約時には払い戻し不可能な保証金$1,000の支払い、さらに5月1日までに全額の支払いが必要となります。
  • マニトバ州の法律とニューエルチンのフライイン・ロッジのルールとして、バーブレス・フックと、ルアー1つにつき1つのフックのみが許可されます。
  • 長袖長ズボンの下着をはじめ、重ね着用の服、高品質のレイン・ウェアと防水ブーツは必携です。
  • マニトバ州の入漁許可証が必要です。
  • 荷物は、荷物と釣具を含めて1人23kgまでです。
現地までの交通手段
  • ニューエルチン・ツリーライン・ロッジは、マニトバ州北部、ウィニペグの1,191 km北にあります。飛行機でのみアクセスできます。
  • ウィニペグ国際空港(YWG)までは、主要航空会社の多くがカナダおよび米国の各都市から便を運航しています。
  • ロッジへ出発する前日の夜にウィニペグに到着するようにしてください。ニューエルチンのスタッフが、グループ割引の料金でホテルを予約します。コーディネーターがホテルを訪問し、翌日の出発について説明をし、調整します。
  • 旅のプランの相談ができます。