州: マニトバ州

ホワイトウォーターとピンクの花崗岩

  • 120km強のパドリング
  • 大自然での15日間
  • 先住民のスウェット・ロッジ・セレモニー

水上飛行機に乗り込み、マニトバ州の北方林へ。カナダ楯状地に属するこの地は、数え切れないほどの湖と多様な野生動物、オジブワ先住民の遺産、そしてブロッドベイン川を擁します。経験豊かなガイドに見守れ、カヌーをしっかりと積んだら、手付かずの自然を抜ける9日から15日の旅へ出発です。御しがたい急流や静寂のただよう湖を漕ぎ進む最中に、岸辺にはムースやクロクマの姿も目にします。オジブワが薄赤色の花崗岩の崖に描いた壁画を眺め、さらには本格的な先住民に伝わるスウェットロッジの儀式に参加しましょう。夕食は、獲れたての魚です。オーロラの下、キャンプを張って眠りにつきます。中央カナダの大自然をゆく泊りがけのノーザンソウル・ワイルダネス・カヌー・アドベンチャーに参加して、ブロッドベイン川をパドリング。2週間にわたりカヌーとキャンプを体験し、ホワイトウォーターとピンクの花崗岩にまつわる文化を学びながら、毛皮商人や先住民の足跡をたどる旅です。

見どころのポイント
  • 水上飛行機で人里離れた手付かずの北方林へ。ガイドとともに、カナダの自然保護河川沿いにカヌーとキャンプをする泊りがけのアドベンチャー。
  • ブロッドベイン川の爽快な急流をくだりながらパドリングの腕を磨き、静水域では風景を堪能。
  • 「ブロッドベイン」(血管)という川の名前の由来である薄赤色の花崗岩の崖。岩上には、何世紀も昔に先住民の描いた絵文字が。
  • 無限の自然を横断する途中に顔を出すムースやクロクマ、カワウソ、ハクトウワシ、ビーバー。リールを持ってルアーを川に投げ込めば、大物のスケトウダラやカワカマスが釣れるかも。
  • 毎晩快適にキャンプ。食事は釣ったばかりの魚、またはグルメな野外料理。頭上ではカラフルなオーロラがダンスします。
  • 18世紀の毛皮商人がかつて通った水路を、その歴史を学びながらパドリング。先住民に伝わるスウェットロッジの儀式に参加、さらに伝統的なオジブワ先住民の饗宴を体験。

天候&季節

観光案内
旅行に適した時期
  • ノーザンソウル・ワイルダネス・カヌー・アドベンチャーのブロッドベイン川トリップは7月、8月、9月に催行されます。
  • 7月は最も気温が高い時期です。
  • オーロラは、通常は8月と9月に観測されます。
お役立ち情報
  • カヌーは、激しいアクティビティです。経験はいりません。
  • パドリングの道具とキャンプ用品、食事はすべてツアー・オペレーター側で準備します。衣類、装飾品、個人アイテムは、参加者それぞれが持参してください(防水用品は、ツアー・オペレーターにより支給されます)。
  • ツアーは自然環境の中、テントに泊まりながら行われます。
  • ベジタリアンの食事も用意できます。
  • ノーザンソウル・ワイルダネス・カヌー・アドベンチャーは、環境に配慮した持続可能な方法で経営しています。
現地までの交通手段