州: ケベック州

400年続くケベック・シティの魅力をとらえる

  • 401年以上の歴史
  • 毎年400万人の観光客
  • 4.6kmの城壁に囲まれた街

北米におけるフランス文明発祥の地を探索してください。ユネスコ世界遺産である壁の内側に隠されている、石造りの城壁や中世の城門の上を歩いてみましょう。ケベック旧市街は、古いものと新しいものが絶妙に融合しています。馬車をひく馬のひづめの音が響く、曲がりくねった細い石畳の道を歩くと、お城のそばを歩くおしゃれな人々の肩に、シルクのスカーフがはためくのがわかります。近くにあるエイブラハム平原を探索してみてください。ここは北米で250年前に起きた、最も有名な戦いの舞台となった場所です。ストリート・ミュージシャンを呼び物にしたオープンエアのアート・ギャラリー、トレゾール通りで群衆の輪に入ってみましょう。18世紀に建てられたホテルのキャンドル・ディナーでフランス語に磨きをかけながら、銀色の尖塔から聞こえる教会の鐘の音に耳を傾けてください。北米最古のフランス人地区にある17世紀の建物の中に、ブティックやビストロが集まっている、プチ・シャンプラン地区のテラスで、湯気が上るカフェ・アロンジェ(コーヒー)を飲んでみましょう。ロマンチックで自由な気分を味わってください。

見どころのポイント
  • アッパー・タウンとローワー・タウンを結ぶケベック旧市街のフニキュラ(ケーブル・カー)に乗ってみましょう。
  • 1687年に建てられた由緒ある教会、勝利のノートルダム教会の壮麗で美しいたたずまいを見に行きましょう。
  • 北米に建てられた最大のイギリス軍要塞である、星の形をしたシタデルのガイド・ツアーに参加して、ケベック・シティの軍事史の魅力とすばらしい眺望を体感してください。6月後半から9月前半は、衛兵交代式をお見逃しなく。
  • 馬車あるいは徒歩によるガイド・ツアーに参加してみましょう。
  • サン・ポール通りにあるケベックの民族アートやアンティークのお店を巡ると、時間を忘れてしまうでしょう。
  • 北米最古の道が残るプチ・シャンプラン地区を探索してください。
  • メープルシロップ・パイをかじり、近隣の砂糖小屋で作られたメープルシロップをお土産にしましょう。
  • スタイリッシュなウールのケープや輝くジュエリーなど、サンジャン通りを散策してフレンチ・ファッションを堪能してください。
  • サンルイ通りに沿って建つ、ケベック・シティ最古の石造りの建物である、メゾン・ケント、メゾン・メイユ、メゾン・ジャケを写真に収めてください。
  • 壮大なケベック・ウィンター・カーニバルでは、犬ぞりレースを観戦し、雪男とダンスを楽しみましょう。

天候&季節

  • 春の到来は5月半ばで、日中は暖かくなりますが、夜は寒いこともあります。夏は6月半ばから9月までで、気温と湿度が高くなります。9月後半から11月前半まで続く秋は、日中は温暖で過ごしやすい一方、夜は冷え込みます。11月から3月までのケベック・シティの冬は雪が多く、非常に冷え込みます。
  • 現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの標準的気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。
観光案内
  • ジャン・バティスト・デイ(6月24日)は、花火、大かがり火、パレードが行われる重要な祝日です。
  • 2月のケベック・ウィンター・カーニバル期間中に、希望の宿泊施設に泊まりたい場合は、早めの予約が必要です。
  • ケベック・シティでは、多くのエリアが車いすに対応していますが、18世紀から19世紀の古い建物へは入場が制限される場合があります。
  • 観光案内所は年中無休で、アッパー・タウンのシャトー・フロントナックの向かいにあります。
旅行に適した時期
  • 春の訪れは5月中旬です。ミュージアムやギャラリー、おしゃれなショッピング街で1日を過ごした後は、本場のメープルシロップ・パイを楽しみましょう。
  • 夏は6月24日のジャン・バティスト・デイとともに始まり、街全体がミュージカル・ステージとなる、7月に開かれる大人気のケベック・サマー・フェスティバルがこれに続きます。
  • 紅葉が美しい秋は、ケベック・シティの最もすばらしい季節かもしれません。秋は文化の季節です。神聖で心動かされるケベック国際宗教音楽祭などのコンサートや、エキサイティングな新しい秋の展覧会を見に行きましょう。
  • 2月のケベック・ウィンター・カーニバルが雪や氷をお城やパレードに変える時には、スケートをレンタルして、暖かい服装をして、斬新な気分で参加しましょう。
お役立ち情報
  • ケベック・シティは徒歩でほとんど回ることができます。歩きやすい靴を履き、水筒を持って行きましょう。
  • ケベック旧市街にあるお店、ギャラリー、ビストロを歩きまわるだけで、あっという間に1日が過ぎていきます。歴史的な建造物をすべて見るには、少なくとも2日が必要です。
  • ほとんど英語で通じますが、フランス語のフレーズもいくつか学習してみてはいかがでしょうか。地元の人に喜ばれるでしょう。
  • ケベック・シティの外へ遠出する場合を除いて、レンタカーは必要ありません。
現地までの交通手段
  • ケベック・シティはモントリオールから車で3時間の場所にあり、車、飛行機、鉄道で簡単にアクセスできます。
  • ケベック・シティの空港、ジャン・ルサージ国際空港は、ケベック・シティのダウンタウンから16kmの距離にあります。