州: オンタリオ州

都会の中の隠れた自然を探索

  • 2,400km²の自然公園がトロントのダウンタウン対岸に位置
  • 30以上の乗り物とゲームがあるアミューズメント・パーク
  • 21のピクニック・エリアと5つの子供用プール

桟橋へ行きましょう。フェリーに乗り込みましょう。都会を離れて、 頬に風を感じます。そうすれば、すぐに楽園の島、トロントのセンターアイランドに到着。街の中心部からわずか10分の距離です。

ここでは、子供たちが自由に走り回ることができます。トロント・センタービル・アミューズメントパークに行って、ちょっと変わった年代物のメリーゴーランドに乗りましょう。回っているのは風変わりな動物たちです。ポニーに乗って園内を回ったり、センタービル・トレインに飛び乗るのもいいでしょう。スワン・ボートにも乗れます。足を止めて、アヒルに餌をやりましょう。ラマにも出会えます。島のあちこちにあるサイクリング・コースで、サイクリングやローラーブレードを楽しみましょう。静かなビーチで日光浴もできます。観覧車の一番上からは、カナダ最大の大都会の素晴らしい眺めが見渡せます。ただのんびりと過ごすだけでもよいでしょう。夕食の時間までには、都会のホテルに戻れます。

見どころのポイント
  • センターアイランドは、都会の雑踏と喧騒を逃れてくつろぐのに最適な場所です。特に12歳以下の子供連れのファミリーにおすすめです。
  • トロント・アイランド・フェリーに飛び乗れば、わずか15分で島に到着します。
  • 人気の絵本をテーマにしたザ・フランクリン・チルドレンズ・ガーデンで、子供たちと一緒にカメになった気分で遊びましょう。
  • トロント・センタービル・アミューズメントパークで1日遊んで過ごしましょう。
  • 景色の良い木陰を選んでピクニック。島には40ヵ所以上のピクニック・エリアがあります。
  • 島の南側の閑静なビーチでは、何もかも忘れてのんびりと過ごせます。7月と8月には監視員が常駐します。
  • 子供たちをFar Enough Farmふれあい動物園、フリスビー・ゴルフコース、子供用プールに連れて行ってあげましょう。
  • たくさんの牧歌的なサイクリング・コースがあり、レンタサイクルも利用できます。
  • 自然の静寂に浸れる落ち着いた場所がたくさんある一方で、水辺の向こうには、トロントの大都会の印象的なスカイラインを眺めることができます。

天候&季節

観光案内
旅行に適した時期
  • センターアイランドのアトラクションの営業は5月から10月のみです。寒い季節には、住人だけの静かな島に戻ります。
  • フェリーは年間を通して運航しているほか、夏の繁忙期には増便されます。
お役立ち情報
  • センターアイランドは、トロント島とも呼ばれ、実際には多数の島で構成されています。250人以上の人が住んでおり、トロント・シティ空港があります。
  • ベビーカー、子供用ワゴン、自転車はフェリーに持ち込めますが、車は乗船できません。
  • センターアイランドはファミリーで外で楽しく過ごすのにぴったりの場所です。少なくとも2時間は滞在することをおすすめします。
  • トロント・センタービル・アミューズメントパークは、6月初旬から9月初旬は毎日営業、5月と9月(初旬を除く)は週末のみ営業します。オープンはいずれも午前10時30分。天候により休園となる場合があります。
  • 島内にはレストランとファストフードの売店がありますが、弁当を持参して広大な緑地でピクニック・ランチを楽しむのがおすすめです。
  • センターアイランドには車も公共交通機関もないため、小さい子供が歩き疲れてしまうかもしれません。ベビーカーや子供用ワゴンを持参するとよいでしょう。
  • チケットのオンライン割引が利用できます
現地までの交通手段
  • センターアイランドへは、フェリーでのみアクセスできます。Toronto Ferry Docksは、ベイ・ストリートとクイーン・キーの先端にあります。
  • 通年運航のフェリーは、夏季は15分間隔で運航しており、冬季は便数が少なくなります。