巨大な尾ビレを追いかける迫力満点のツアー

  • カナダの海域に生息する33種類のクジラ
  • 3つの海と世界最長の海岸線
  • 100mの距離から安全にクジラを観察

遠くに見えるクジラの尾ビレを追って海を渡りましょう。12mものクジラが海面に躍り出ると、胸は一段と高鳴ります。カナダの海域を海から海へ、クジラはぐんぐんと進でいきます。双眼鏡を持って、ニュー・ブランズウィック州の地平線上に上がる霧のような潮吹きをとらえ、不気味な歌声と尾ビレが海面をたたく音に耳を澄ませてみましょう。ブリティッシュ・コロンビア州の海岸では、黒と白のシャチの群れが温帯雨林の海岸に沿って押し寄せ、そのリズミカルな息つぎは、まるで海が呼吸をしているかのようです。ヌナブト準州に生息する1本の角を持つ北極のイッカククジラは、浮氷に沿って絶妙の動きを見せます。シーカヤックに乗って海からクジラを眺めたり、ニューファンドランド島でシュノーケルを付けてザトウクジラを間近に見たり、マニトバ州でドライスーツを身につけ、鳴きながら水中をすいすいと泳いでいるベルーガ(シロイルカ)と一緒に泳いでみましょう。ベルーガの白い肌は、海の底深くでぼんやりと輝きを放ちます。海の巨大な生き物たちを間近に感じて心を通わせ、ここでしか味わえない感動的な思い出とともに、生物やその生息地に対する尊重の念を持ち帰りましょう。

ケベック州

  • タドゥサックからサグネ-セント・ローレンス川を船で渡っていると、ミンククジラやナガスクジラ、ベルーガ、そして世界最大のシロナガスクジラにも出会えるかもしれません。
  • 伝説的なサグネ・フィヨルドでシーカヤックに乗れば、13種類のクジラを見つけることができます。

ニューファンドランド&ラブラドール州

  • セント・ジョンズまたはトウィリンゲートの町外れから船に乗れば、最大22種類のクジラや何千もの海鳥を見つけることができます。
  • シーカヤックを漕ぎながら、サザン・ショア沿いまでホエール・ウォッチングに出かけてみましょう。
  • ウィットレス・ベイ環境保護区では、クルーズしながらツノメドリを見たり、クジラと一緒のピクニックを楽しんだりできます。
  • コンセプション湾では、ウェットスーツを着て水に飛び込み、クジラの間近でシュノーケリングをする一生に1度の体験してみましょう。

ニュー・ブランズウィック州

  • セント・アンドリュースからゾディアックでホエール・ウォッチングに行くと、非常に珍しいセミクジラを観察できます。
  • ディア島でシーカヤックに乗れば、海からクジラの尾やヒレを観察できます。

ヌナブト準州

  • サマーセット島では、沖合いの浅瀬で戯れているベルーガの群れに近づけるめったにないチャンスが待っています。
  • 北極圏の北西航路を通るアドベンチャー・カナダ・クルーズでは、シャチからホッキョククジラまで、クジラの数を数えてみましょう。
  • アークティック・キングダムのツアーでは、スノーモービルに引かれたイヌイットのそりに乗ってポンド・インレット近くの浮氷まで行き、イッカククジラやシロクマを観察できます。

ブリティッシュ・コロンビア州

  • バンクーバーでは、シーサファリやホエール・ウォッチング・アドベンチャーに参加し、ゾディアック・ボートに乗ってシャチの群れを追ってみましょう。
  • ベラ・ベラからケッチ(2本マストの帆船)に乗り、ブリティッシュ・コロンビア州で有名な内海航路を進みながら、ザトウクジラが海面に躍り出るのを眺めるのもまた壮観です。
  • バンクーバー島沖では、シャチやザトウクジラ、コククジラと一緒にカヤックで海を渡りましょう。
  • ハイダ・グアイでは、メイプル・リーフ・アドベンチャーのクラシック・スクーナー船に乗り込み、古代の苔むした森を背景にザトウクジラを観察しましょう。

マニトバ州

  • チャーチル沖のハドソン湾で、シュノーケリングをしながらベルーガと一緒に泳ぎ、好奇心旺盛なベルーガの目をマスクを通してのぞき込んでみましょう。
  • チャーチルでヘリコプターに乗り、ベルーガとその子供たちがたむろする海を見下ろすのもまた楽しいでしょう。

天候&季節

  • 春と秋の気温は、海岸全体では氷点下を下回ることはありませんが、かなり肌寒くなります。また、雨が降る確率も常に高いです。7月と8月の夏は、通常暖かく、Tシャツとショートパンツで十分ですが、ときどき降る雨に備えて雨具を用意してください。
  • ヌナブト準州北部の5月と6月の春の平均気温は、浮氷付近で–10°Cから0°C、ヌナブト準州南部では、6月と7月のホエール・ウォッチングのシーズンの気温は3°Cから8°Cです。
  • 現地の気象情報をご確認ください。また、Environment Canadaのカナダの気候に関するWebサイトで、この地域の天候パターンを調べることができます。
旅行に適した時期
  • カナダのホエール・ウォッチングのシーズンは、西海岸と東海岸ともに5月から10月までです。
  • マニトバ州のベルーガは、ハドソン湾沿岸で7月から8月の間に見られます。
  • ケベック州のホエール・ウォッチングのシーズンは5月から10月までですが、ほとんどのクジラは8月から9月にサグネ地域にやってきます。
  • ヌナブト準州では、イッカククジラやベルーガ、シャチ、ホッキョククジラは、北緯にもよりますが、早くて海の氷が割れ始める6月か7月に現れます。
お役立ち情報
  • 海上の温度は陸上よりも少しだけ寒く、また湿った空気で風もあります。春は、特にカナダ東部では、手袋、帽子、レインコートなど、予備の防寒具を持参しましょう。
  • 浮氷の景色は非常にまぶしいので、高性能のサングラスを用意しましょう。
  • クジラがよく見えるように、双眼鏡を持っていきましょう。
  • クジラや他の海洋生物を自然の中で観察することは、思い出に残る特別な体験ですが、人間が野生動物やその生息地に与える影響を念頭に置き、カナダのホエール・ウォッチングに関する規制を守りましょう。