州: ブリティッシュ・コロンビア州

大陸の先端で大自然をぜいたくに満喫する

  • 6mの波のうねり
  • 240度のパノラマ・ビュー
  • 11km続く砂浜

トフィーノの陸の先端に立ってみてください。あなたと日本の間にあるのは海だけです。目の前には、激しく荒れ狂う太平洋が広がります。11月から2月にかけて、この手付かずの自然が残るバンクーバー島沿岸には、伝説的な冬の嵐が到来します。激しく吹き荒れるスコールに飛び込んでいきましょう。もちろん、雨具を着用するのをお忘れなく。海水がスプレーのように顔に吹き付けてきます。あなたはきっと我を忘れてはしゃぎ回ることでしょう。

水と戯れた後は、海岸沿いに建つ野趣あふれる高級リゾート、ウィカニニッシュ・インへ。暖炉の前に座り、ブリティッシュ・コロンビア州産のワインを飲みながら、6mの荒波を眺めましょう。アンシェント・シダーズ・スパのウエスト・コースト・セイクレッド・シー・トリートメントでリラックスしたら、ポアント・レストランへ向かいます。ダシで煮こんだ太平洋産のタコや茹でたアメリカイチョウガニなど地元の食材を味わいましょう。パノラマのような景観が自慢のこのレストランの窓からは、母なる大自然が猛威をふるう姿を観察できます。

見どころのポイント
  • 太平洋の荒波が海岸線に叩き付けられる光景を見ながら、自然の力を体感できます。レインコートと長靴の着用はお忘れなく。
  • トフィーノにある居心地の良い優雅なロッジの客室から、西海岸に吹き荒れる嵐を観察してみましょう。
  • 嵐が過ぎ去った後はビーチ散策の絶好のチャンスです。大荒れの浜辺で宝物を発見しましょう。
  • 部屋の外で波や風が荒れ狂っている間は、ウィカニニッシュ・インのスパでぜいたくな時間を過ごしましょう。
  • ウエスト・コースト・フェイシャルとしても知られる、細かな霧状の潮風で肌がみずみずしく潤います。
  • ワインを片手にお風呂でくつろぎながら、海水が窓に吹き付ける光景を眺めることができます。
  • 彫刻工房を覗いて、地元のアーティストが彫刻している様子を見学できます。
  • ウィカニニッシュ・インに併設された受賞歴のあるポアント・レストランで、天然サーモン、ボタンエビ、シマアカエビを味わいましょう。

天候&季節

  • トフィーノは降水量が非常に多い温帯雨林気候です。特に冬は雨が多く降ります。夏は暖かく、比較的乾燥しています。
  • 気温は海によって温暖に保たれ、1年を通して暑さや寒さが厳しくなることはありません。
  • 現地の気象情報をご確認ください。カナダ環境省のカナダの気候に関するウェブサイトでは、この地域の天候パターンを調べることができます。
観光案内
旅行に適した時期
  • ストーム・ウォッチングの主なシーズンは11月~3月です。
お役立ち情報
  • トフィーノはペットにも優しい街です。ただし、野生動物生息地保護の観点から、ペット立ち入り禁止になっているエリアもあります。
  • 最高級のレストランでもカジュアルな服装で問題ありません。
  • 薄手のシャツにセーターまたはフリースといった重ね着をおすすめします。レインコート、長靴、帽子やスカーフも用意しましょう。
  • クレヨコット・サウンドでカヤックやホエール・ウォッチングを楽しむ際には、帽子、日焼け止め、サングラスを用意してください。
  • 車がないと不便ですが、パシフィック・リム国立公園保護区のビーチやトレイルに行く場合は、トフィーノの街と保護区を往復するトフィーノ・バスを利用できます。
現地までの交通手段
  • トフィーノは車で行けるカナダ最西端の土地で、カナダの太平洋岸に通じる唯一の舗装道路があります。
  • オルカ・エアウェイは、冬季に限りバンクーバーとトフィーノを結ぶ定期便を毎日1便運航しています。
  • 最寄りの主要空港はビクトリア国際空港(YYJ)で、車で5時間です。
  • バンクーバーからナナイモ経由でドライブする場合は、フェリーでの移動時間を含め約7時間かかります。