目の前に広がる雄大な海。そう、カナダ最東部沿海に広がる4州(ニュー・ブランズウィック州、ニューファンドランド&ラブラドール州、プリンス・エドワード島州、ノバ・スコシア州)はアトランティック・カナダと呼ばれることからもわかるように、最大の魅力は大西洋にあります。

この4州の前に広がる大西洋の力によって、広大な大地は美しい山や渓谷、断崖、岩へと姿を変えました。時に別世界とも思えるその姿は、常に目を見張るほどの美しさに輝いています。この感動的な風景を目の当たりにしたミュージシャンや作家、詩人たち魂を揺さぶられ、創作意欲がかき立てられてきました。魅力あふれるアトランティック・カナダの素晴らしい景色は必見です。

ミスコウ島、ニュー・ブランズウィック州​

ミスコウ島 – クレジット: Tourism New Brunswick

セント・ローレンス湾に浮かぶアカディアン半島にある、人口600人のミスコウ島では、住民のほとんどがフランス語を話し、ロブスターやニシン漁をして暮らしています。この島には素晴らしいビーチや砂丘、ラグーンがありますが、歴史あるミスコウ島灯台から島を見下ろすと、秋には帯状の泥炭地が真っ赤に変わり、その姿に感嘆の声が上がります。素敵な写真が撮れること請け合いです。この灯台で夏に開催される歌唱パフォーマンスや、たくさんのトレイル・コースでハイキングを楽しむのもおすすめです。

ファンディ湾のホープウェル・ロックス、ニュー・ブランズウィック州

ホープウェル・ロックス、ファンディ湾 - クレジット: Tourism New Brunswick

ニュー・ブランズウィック州とノバ・スコシア州の間に位置するファンディ湾は世界最大の干満差を誇ります。ガイドと一緒にビーチの散歩やカヤック、波のうねりに乗って楽しんだあとは「フラワーポット・ロックス」と呼ばれるホープウェル・ロックスの写真を撮りましょう。フラワーポットと呼ばれる理由がわかります。

スワローテイル灯台、ニュー・ブランズウィック州

グランド・マナン島のスワローテイル灯台 - クレジット: Tourism New Brunswick

グランド・マナン島にある1860年に建てられた木造のスワローテイル灯台が、ニュー・ブランズウィックで最も人気のあるフォトスポットである理由。それは、フェリーから見たポストカードのような眺め、そして灯台の展望エリアから見る最高のパノラマビューです。少し足を止めて、道々に咲き誇る花々を楽しみながら小高い緑の丘を上り、灯台の急な階段を上って美しい海岸線を眺めましょう。

氷山、ニューファンドランド&ラブラドール州

クワポン島、西ニューファンドランド - クレジット: Linkum Tours Ltd.

一万年もかけてできた巨大な氷山が砕けて崩れ落ちる轟音をボードのデッキで聞く、ガイド付きカヤックツアーで地元の人々が「小氷山」と呼ぶ小型の氷山の横をパドリングする、または岸から小氷山を探すのもおすすめです。ニューファンドランド沿岸が「氷山の小道」と呼ばれるのも納得です。

トーンガット山脈のベースキャンプ&調査基地、ニューファンドランド&ラブラドール州​

トーンガット山脈国立公園、クレジット: Newfoundland and Labrador Tourism

ラブラドール半島にあるトーンガット山脈国立公園のベースキャンプはイヌイットの祖国にある最北端の開拓地です。珍しい色をした39億年前の古い岩石や7千年前の考古学的遺跡があり、この遠く離れた地では、昼間はそびえ立つ山々やフィヨルド、湖、ツンドラ、夜にはオーロラの素晴らしい景色が楽しめます。また、ホッキョクグマやカリブーの観察ツアーもお忘れなく。

Fogo Island, Newfoundland & Labrador

Fogo Island Inn - credit: Newfoundland and Labrador Tourism

この荒涼たる空気に満ちた印象的な風景の中でインスピレーションを得ようと、隔絶されたフォーゴ島にあるフォーゴ・アイランド・インには、クリエイターやアイデアづくりに携わる人々が次々に訪れます。ニューファンドランド&ラブラドール州沖合の最大の島、フォーゴ島の火山岩の上にひっそりと佇む同ホテルは、29の客室のほか、完全自家発電のアーティストスタジオ4棟も備え、高級ホテルというよりも文化発信拠点としての性格が強い施設です。

グロス・モーン国立公園、ニューファンドランド&ラブラドール州

Gros Morne National Park, Western Brook Pond Fjord, credit - Newfoundland and Labrador Tourism

グロス・モーン国立公園はスケールが桁違いです。9マイル(約14㎞)の道のりを歩き、標高2,600フィート(約800m)のグロス・モーン山から見た景色はこの世のものとは思えません。そして、地質学者にとってはたまらないものがすべてここに広がっており、その規模も壮大です。頂上が平坦になった特徴的な岩山、テーブルランドが有名です。

ベイシン・ヘッド州立公園、プリンス・エドワード島州

ベイシン・ヘッド州立公園

プリンス・エドワード島州のどこから見ても海辺の景色は美しく、特に赤い砂浜が続く広大なアーガイルショアは絶景です。そしてベイシン・ヘッド州立公園の草の生えた砂丘から眺める、波の立つ大西洋は格別です。

景色を楽しみながらサイクリング、プリンス・エドワード島州

パンミュア・アイランド州立公園 - クレジット: Tourism PEI/John Sylvester

プリンス・エドワード島州の緩やかに起伏する農地を巡るには、サイクリングが最適です。海岸の展望台は素晴らしく、また、道中には歴史を感じさせる標識がたくさんあります。ランチを持って灯台から灯台までサイクリングを楽しむのがおすすめです。

カボット・トレイル、ノバ・スコシア州

カボット・トレイル・バイク・ツアー - フリーホイーリング・アドベンチャーズ, ケープ・ブレトン島

アメリカの大手旅行雑誌「トラベル + レジャー」は、大西洋から上方に突き出した、急傾斜の緑の山々が特徴的なケープ・ブレトン島を、世界で一度は訪れたい場所として絶賛しています。185マイル(約300㎞)の断崖が続く伝説的なカボット・トレイルをドライブし、ぜひサイクリングでもこの島を巡ってください。静かな時間の中で自然の美しさを感じながら、風が吹き渡る崖の上でピクニックを楽しみましょう。

スカイライン・サンセット・ハイク、ノバ・スコシア州

ケープ・ブレトン島 ケープ・ブレトン・ハイランズ国立公園 - クレジット: Nova Scotia

ケープ・ブレトン・ハイランズ国立公園にある景色の美しい26のトレイルの中で、5マイル(約8㎞)のスカイライン・サンセット・ハイクは最も爽快感を味わうことができ、まるで世界の頂点を歩いているかのようです。太陽が海に溶けていく中、山腹に渡したゆっくりと曲がる木製の遊歩道をゆったりと歩いてみましょう。

ルーネンバーグ、ノバ・スコシア州​

ルーネンバーグ郡、クレジット - Nova Scotia Tourism

美しい色の家々や尖り屋根の教会に、マリーナに停泊するヨット。1750年代に作られた都市、ルーネンバーグを海から眺めると、まるで絵画のようです。かつては造船と酒類密輸の中心地だった趣あるこの町は、ユネスコ世界遺産にも登録されており、徒歩での観光にぴったりです。アイロンワークス・ディスティラリーでラム酒のテイスティングをするのもお忘れなく。

素晴らしい景色はいつでもここにあります。アトランティック・カナダの壮大な景色の中で、ゆったりとした時の流れを感じてください。

Related Posts