カナダの、その奥へ―。

©Paul Zizka

そびえ立つ山脈を映す青き湖、白い水しぶきをあげて威力を見せつける大瀑布、

燃え立つように紅葉した楓の森、漆黒の夜空に揺らめく神秘のオーロラ──。

その光景は旅人の魂を揺さぶり、生涯忘れることない心のアルバムに加えられる。

だが、そうした光景のその奥に「とっておき」がある。

自然に遊び、その土地に暮らす人々の文化へと

深く分け入っていく者だけが味わう楽しみだ。

圧巻の自然を五感で味わう体験、

季節によってまったく違う表情を見せる生き物たちとの遭遇、

モザイク画のように色とりどりの文化や人と交わる感動──。

その奥にある物語を探して。 心つながる地、カナダへ。

カナダの先住民観光

SUSTAINABILITY
  • カナダの「クリーンテック」に迫る
    「クリーンテック」(クリーンテクノロジー)は暮らしの至るところで関わりがあり、明るい未来を切り拓く鍵を握っています。
    「クリーンテック」(クリーンテクノロジー)は暮らしの至るところで関わりがあり、明るい未来を切り拓く鍵を握っています。
  • 国立公園で大自然を満喫!夏の旅行計画のアイデア
    カナダならではの自然の魅力がたっぷり詰まった国立公園で、開放感あふれる最高の夏の旅行計画を。
    カナダならではの自然の魅力がたっぷり詰まった国立公園で、開放感あふれる最高の夏の旅行計画を。
  • 旅先の都会で楽しむ野生の食材探し
    最近、メディアでよく見かけるようになった「フォレジング」なる言葉。 具体的にどのような意味なのでしょうか。
    最近、メディアでよく見かけるようになった「フォレジング」なる言葉。 具体的にどのような意味なのでしょうか。
  • 自然界に暮らすホッキョクグマの観察と保護活動
    世界にはさまざまなクマがいますが、中でも最大とされるのがホッキョクグマは、カナダ北部に暮らす先住民にとってとりわけ大切な野生動物とされています。
    世界にはさまざまなクマがいますが、中でも最大とされるのがホッキョクグマは、カナダ北部に暮らす先住民にとってとりわけ大切な野生動物とされています。
CANADA STORY
  • オーシャンワイズ
    2005年、おいしいシーフードを守り続けたいというロブ・クラークの思いから始まった「オーシャンワイズ」は今、その名前を変えて「オーシャンワイズ・シーフード」と呼ばれるようになっています
    2005年、おいしいシーフードを守り続けたいというロブ・クラークの思いから始まった「オーシャンワイズ」は今、その名前を変えて「オーシャンワイズ・シーフード」と呼ばれるようになっています
  • トーテムポール
    トーテムポールと聞いて、多くの日本人が思い浮かべるのは、広場みたいなところにポツンと立っていて、てっぺんに翼を広げた鳥が乗っている木の柱かもしれません。
    トーテムポールと聞いて、多くの日本人が思い浮かべるのは、広場みたいなところにポツンと立っていて、てっぺんに翼を広げた鳥が乗っている木の柱かもしれません。
  • ビーバーがいっぱい
    カナダにはいたるところにビーバーがいます。もちろん、本物のビーバーに出会う機会はそうありませんが、お土産やぬいぐるみとして頻繁にビーバーを見ることができます。
    カナダにはいたるところにビーバーがいます。もちろん、本物のビーバーに出会う機会はそうありませんが、お土産やぬいぐるみとして頻繁にビーバーを見ることができます。
  • メープルシロップには等級がある
    ひとくちにメープルシロップといっても、どれも同じではありません。樹液の採取時期によって、メープルシロップは4つの等級に分かれます。採取時期の早い順から①ゴールデン(Golden)②アンバー(Amber)③ダーク(Dark)④ベリーダーク(Very dark)と呼ばれ、味や値段も変わります。
    ひとくちにメープルシロップといっても、どれも同じではありません。樹液の採取時期によって、メープルシロップは4つの等級に分かれます。採取時期の早い順から①ゴールデン(Golden)②アンバー(Amber)③ダーク(Dark)④ベリーダーク(Very dark)と呼ばれ、味や値段も変わります。