島のポテトの誘惑

島のポテトの誘惑
島のポテトの誘惑
島のポテトの誘惑
島のポテトの誘惑
島のポテトの誘惑
島のポテトの誘惑
島のポテトの誘惑
島のポテトの誘惑
島のポテトの誘惑
島のポテトの誘惑

プリンスエドワード島(PEI)で暮らす人たち、つまりアイランダーの「ポテト愛」も、僕にとっては忘れられない旅の思い出だ。

このページのトップ写真は、僕がPEIのおみやげ屋で見つけた絵はがきだけど、ポテトといっしょに砂浜に寝そべる水着の女性って、いったいどんな発想で商品化されたのか、僕には皆目検討がつかない。

おまけに「I only have “eyes” for you…」って、「目」とポテトの「芽」をかけているんだろうか。「ポテト愛」が強すぎて脱線してしまった失敗例じゃないかと僕は思っている。

島のポテトの誘惑

まあ、この絵はがきはともかく、PEIでおみやげを探すと、結構な確率でポテト関連商品に出くわすことになる。

最初の写真は、PEIの人なら誰もが知っているポテトが入っている袋と、ゴロゴロしたポテトのマグネットだ。

次は本物のポテトにしか見えない、「ベタ」なポテトのマグネット。このリアルさはPEI独特の赤い土から生み出される。つまり、表面がPEIの赤い土を固めてつくられているマグネットなのだ。

島のポテトの誘惑

島のスーパーマーケットに入ればこんなふうに、ポテトがぎっしり詰まった袋が無造作に積まれて売られている。日本のスーパーでのお米の扱いに近いのかもしれない。

そして、僕が愛してやまないファーマーズマーケットでは「種イモ」だって売られていた。とにかく島中がポテト、ポテト、ポテトだ。

なにしろ小さな島のくせに、カナダ全体のポテト生産量の約3割を占めている。

島のポテトの誘惑

また、作っている種類は30ぐらいだと言うけれど、ポテトには30もの種類があって、しかもそれがこの島内で作られているのかと思うと正直、かなり驚かされる。

まあ、これなら島中がポテトだらけになるのも分からないではない。

だからこの島には「ポテト・ミュージアム」なるものがあって、PEIにおけるポテト栽培の歴史やその苦労などについて学ぶことができる。

島のポテトの誘惑

ミュージアムの前にはこんな巨大なポテトのオブジェがあって、入り口には「世界的に知られているPEIポテト」みたいなことが堂々と書かれている。かなり自信あり、という感じだ。

ミュージアムの中では、ヨーロッパから移民としてこの島にやってきた人たちが、ポテトを栽培して生き抜いてきた知恵と努力の数々が紹介されている。

例えば、ムール貝を含んだ浜辺の砂をすくい、肥料として畑に撒いていた、なんて話も紹介されている。

島のポテトの誘惑

そしてミュージアムにあったこのジオラマ。ポテト畑の畝の方向に注目してほしい。

畝の切り方が左のようだと畑に巻いた肥料などが川や海に流れ出てしまう。

だから右のように、川との間には緑のベルト地帯を設け、畝も川の方には向かないように切られている。環境との共存を目指したポテトづくりなのだ。

島のポテトの誘惑

ミュージアムのあとに別の取材で立ち寄った生地屋さんではこんな布を発見した。

ただただポテトが描かれている布だ。こんな商品、少なくとも日本ではまず売れないと思うけれど、PEIでは違和感なく売られている。

さて、もう書けるスペースもなくなってきたので、このへんで正直に告白しておかないといけない。

あのポテトがゴロゴロのマグネットと、ベタでリアルな赤い土のマグネット。僕は両方とも自分用のお土産として買って帰った。今、僕の職場のデスクでいろんなものをとめておくのに使われている。

島のポテトの誘惑

また、ポテトが並んだあの日本では売れそうもない布で作ったコースターを見つけたので、それも買ってきた。毎日、僕のデスクのマグカップの下で大活躍している。 そして僕は、ダイエットのためには糖質を制限しなければならないと強く自覚しつつも、時々仕事中にPEIのポテトが食べたいなあ、などと考えたりしている。 じゃあ、あの絵はがきは買ったのかって? いや、これだけは誓って買っていない。いやいや、営業妨害するつもりはないので、気に入った人は是非買ってあげてほしい。ただ、この絵はがきをデスクの前にマグネットでとめておく勇気が僕にはないだけかもしれない。

文・写真:平間俊行