ノバ・スコシア州には崖沿いにひっそりと佇む村や色彩豊かな賑やかな都市があり、楽しいことが大好きな地元の人たちは、ルーツであるケルト文化と海の文化を大切に守り、陽気な音楽に囲まれて暮らしています。陽気なフィドルの音楽と並んで有名なのが絶品のロブスター料理。自然の壮大さも味わえるこの州では、特に世界屈指の干満差を誇るファンディ湾や、海岸沿いの岩場が美しいケープ・ブレトン島は必見です。もちろん海やトレイルだけでなく、活気あふれる街にも楽しみはいっぱいです。カナダ東端の大西洋に面したノバ・スコシア州の見所やおすすめ体験をご紹介します。きっと心惹かれるスポットが見つかるはずです。

カボット・トレイル

ケープ・ブレトン・ハイランズ国立公園を周回する、有名な海岸沿いのドライブ - クレジット:Nova Scotia Tourism/Wally Hayes

まさに伝説的な場所。186マイル(約290㎞)続く世界的に有名なカボット・トレイルは海岸沿いを走る曲がりくねったハイウェイで、大西洋の素晴らしい眺めを楽しみながら起伏のある景観の中を走ります。このトレイルはカナダで最も素晴らしい公園の1つ、ケープ・ブレトン・ハイランズ国立公園の中にあり、その壮観な景色を見ると、自分が地球上の最後の人間であるかのように感じます。このトレイルを存分に味わうには3日、できれば5日かけてゆっくり楽しむのが理想的です。トレイル沿いには小さめの宿やB&Bなどたくさんの宿泊施設やリゾート地、レストラン、アートスタジオがあり、リフレッシュや買い物を目的としても楽しめます。

26種類ものハイキング・コースの中から、1つを選んで挑戦してみましょう。中でも特にドラマチックなのが、絶壁の岬沿いを行く4.5マイル(約7㎞)のスカイライン・トレイルです。ハクトウワシや熊、ムース、そして大西洋を泳ぐゴンドウクジラの群れを観察するなら早朝が最適です。4.5マイル(約7㎞)のフラニー・トレイル・ループは頂上からのパノラマビューが美しいトレッキング・コースです。他にも、乗馬やサイクリング、ボート、カヤックが楽しめ、冬にはノルディック・スキーやスノーモービルもおすすめです。やりたいこと、見たいものがたくさん詰まったケープ・ブレトン島を旅行するなら、自分の好みに合わせた旅行プランをカスタムするのをお忘れなく。

ハリファックスで楽しむライブ・ミュージック

ハリファックスでも他の場所でもライブ・ミュージックは欠かせない。 クレジット:Destination Halifax

ノバ・スコシアとは「新しいスコットランド」という意味。誇り高きノバ・スコシアの人々は、自分たちのスコットランドのルーツと音楽、特にライブ・ミュージックをとても大切にしており、ライブ・ミュージックは生活の一部になっています。この地に来たなら必ずライブ・ミュージックのパフォーマンスを楽しんでください。できれば10月に開催される国際的な音楽の祭典、ケルティック・カラーズの開催時期に訪れましょう。250人にもおよぶパフォーマー、ミュージシャン、ストーリーテラー、シンガーがケープ・ブレトン島全土に集まります。町の広場や古い納屋など、至る場所でコンサートが開催されます。マボウにあるレッド・シュー・パブは、バイオリニストたちによる演奏が名物です。このパブもケープ・ブレトン島のドラマチックな西海岸沿いを走る、景色が素晴らしい66マイル(約106㎞)のケイリー・トレイルにあります。断崖沿いには趣のある古風な村々が点在し、ビーチやトレイル、アートスタジオ、パブ、カナダ初のリンクス・ゴルフコース(旧式のゴルフコース)、そしてグレノーラ・イン&ディスティラリーがあります。ゲール語で「ケイリー」と発音する「ceilidh」はパーティを意味し、トレイル沿いでこのケイリーに出会えるでしょう。

新鮮なシーフード

ロブスター・ケトル・レストラン、ケープ・ブレトン島

ロブスターの代名詞であるノバ・スコシア州。ここで味わえるアトランティック・ロブスターはジューシーで旨みたっぷりです。その他にも、ホタテ貝やムール貝、牡蠣、カニ、そして魚の中でも特にサバなど、獲れたばかりの美味しいシーフードがたくさんあります。ボイルしたロブスターを海辺で味わい、オイスターバーで試食し、シーフードを堪能できるノバ・スコシア・シーフード・トレイル沿いにセルフ・ドライビング・ツアーを楽しむのもおすすめです。新鮮なシーフードを徹底的に知り尽くすなら、豪華さと素朴さを合わせ持つ野趣あふれるリゾート&ホテル、トラウト・ポイント・ロッジで料理の基礎クラスに参加してみましょう。ニューヨークタイムズ紙はこのリゾートを「どのシーズンに行っても価値がある」と評しています。料理とワインを学ぶこのロッジで人気のクラスは、大西洋の恵みを使った、高級料理向けの下準備です。

感動的な食事​

ハリファックスには今話題のダイニングスポットがあります。

賑やかなウォーターフロントやエレガントなビクトリア・パブリック・ガーデンズ、1749年に建設された丘の上に建つ星形の要塞、カナダで最も人気のある国定史跡「ハリファックス・シタデル」など、ハリファックスには見どころがたくさんあります。しかし、何といっても、ジュージューと音を立てる鉄板料理は外せません。一流レストランで今話題のシェフの料理を味わいましょう。地元産の食材だけを食べるなら、今流行りのワイルド・キャラウェイ・レストラン&カフェで席を予約し、アップルウッドでスモークしたサバを堪能してください。居心地の良い「2ドアーズ・ダウン」は素朴ながらも高級感が溢れています。気分に合わせてフィッシュアンドチップスや、しいたけのシーフード詰めをオーダーしましょう。大西洋で獲れた恵みは美味しいに決まっています。

ファンディ湾

シュブナカディー・タイダルボア・ラフティング・パーク&コテージで川下り クレジット:Nova Scotia Tourism

興味深い地形、化石、そして赤い砂が特徴的なファンディ湾は、世界最大の干満差を誇ります。約1600億トンもの海水が毎日満ち引きし、水位の変化は建物の4階分に相当します。ファンディ湾の楽しみ方はいくつもあります。ツアーボートやシュノーケリング、シーカヤック、また、引き潮の時は海岸を散策できるほか、タイダルボア・ラフティングも楽しめます。満ち潮の時は川の流れが逆になるため、基本的に潮に乗ってラフティングやサーフィンを体験できます。また、ザトウクジラやナガスクジラ、セミクジラなど12種類のクジラを探しに海に出かけるのもおすすめです。ファンディ湾の情報やアイデア、ツアー、旅行会社が掲載されている、Tourism Nova Scotiaのパンフレットのダウンロードをお忘れなく!

美しい灯台

ケープ・ドール、アドボケート・ハーバー - クレジット:Nova Scotia Tourism

ノバ・スコシア州の象徴である灯台は、どこかミステリアスな魅力を秘めています。アドボケート・ハーバーのサウス・ショアにある、1915年に建てられたペギーズ・ポイント灯台はゴツゴツした岩の上に立つ最も有名な灯台ですが、灯台は至る所にあります。アドボケート・ハーバーにあるケープ・ドールでゆったりディナーを楽しみ、施設内の望遠鏡で景色を眺めるのがおすすめの過ごし方ですが、他にもおすすめはイースタン・ショアのポート・ビッカートン灯台です。この灯台は現在アーティスト・リトリートになっており、ノバ・スコシア州の数ある灯台の歴史を詳しく知ることができます。ビッカートンエリア周辺の美しい景色が楽しめるウォーキング・ツアーに参加して、日帰りの旅を締めくくりましょう。

歴史あるラム酒

ルーネンバーグのアイアンワークス・ディスティラリー

ノバ・スコシア州公認の飲み物があるとするなら、それはラム酒でしょう。ラム酒はノバ・スコシア州の歴史上重要な意味があり、初の主要産業でもありました。18世紀に海賊たちが手に入れた蒸留酒を船に積んでいたことに始まり、その後の禁酒法時代にはラム酒の密輸が行われ、現在では数あるクラフト蒸留所が厳選したさまざまなラム酒を少量ずつ製造しています。歴史あるルーネンバーグのアイアンワークス・ディスティラリーや、カナダで唯一のシングルモルト・ウィスキー蒸留所であるグレンビルのグレノーラ・イン&ディスティラリーなどの本場でクラフト・ラムを試してください。グレノーラの施設を見学した後はボリュームのある食事やケイリー(ライブ・エンターテイメントが楽しめるパーティ)を体験しましょう。他にも、グッド・チア・トレイル・ルートのセルフ・ドライブ・ツアーがおすすめです。ブティックワインやクラフトビール、蒸留酒などの製造方法、製造理由、どこで自慢のアルコールに磨きをかけるのかなどを製造者に聞いて回るのも楽しいものです。

魅力あふれるルーネンバーグ

歴史あるルーネンバーグ、ユネスコ世界遺産 - クレジット:Nova Scotia Tourism

かつてはラム酒の密輸や造船で栄えた港町で、ユネスコ世界遺産に登録されている、絵はがきのように美しいルーネンバーグは、ハリファックスから約60マイル(約100㎞)のところにあり、1750年代に建てられたブリティッシュ・コロニアル様式の色鮮やかな建物が並ぶ漁師町です。ここでは、停泊している150フィート(約46m)の長さの有名なレース用のスクーナー船、ブルーノーズⅡのレプリカに乗り込むことができます。魅力的な街は徒歩で回ることができ、1800年代に建てられた荘厳な教会や大型帆船、ホタテ貝漁の船を見学して回りましょう。フィッシャリーズ・ミュージアム・オブ・ジ・アトランティックで現役を引退した漁師たちとおしゃべりしてホタテ貝の殻の外し方を学び、埠頭でアイスクリームを味わうのもおすすめです。もちろん、鍛冶工の古い作業場が残るアイアンワークス・ディスティラリーでラム酒や地元のフルーツで作った蒸留酒を飲みながら一日を締めくくることをお忘れなく。

ワイン・テイスティング

アナポリス・バレー、ウルフヴィル - クレジット:Nova Scotia Tourism/George Simhoni

牧歌的な風景が広がるアナポリス・バレー。11のワイナリーを有するこの土地は、カナダ国内における新進気鋭のワイン・デスティネーションです。特に有名なドメーヌ・デ・グラン・プレ・エステート・ワイナリーでは受賞歴のあるセイヴァル・ブランからリキュール、そしてアイスワインまで幅広く製造しており、他にも、ワインのプライベート・レッスンや屋外テラスでテイスティングが楽しめ、ル・カヴォー・レストランでは地元で獲れたシーフードやジビエを使った美味しい料理を提供しています。ウルフヴィルにある近代的でお洒落なラケット・ヴィンヤードもおすすめ。このレストランからはブドウ畑の向こうにガスパーオー・バレーやファンディ湾の断崖を見ることができます。岩が転がるここの粘土質の土壌が、スパイシーなマスカットに代表される素晴らしいデザートワインを作り上げます。クリーミーなシーフード・チャウダーに香り豊かな白ワインを合わせて、パティオでゆっくりとランチを楽しみましょう。

美しいビーチ

海に出かけるのが人気の過ごし方

4,700マイル(約7,600㎞)もの海岸線が続くノバ・スコシア州で、ビーチに出かけない手はありません。カーターズ・ビーチや、ハリファックス近くのクリスタル・クレセントなどの柔らかな白い砂浜が伸び、特に3つの白い砂浜のビーチと6マイル(約10㎞)のハイキング・トレイルがあるクリスタル・クレセントなどのビーチが人気です。海水が温かいノーサンバーランド・ショアやメルマービー・ビーチが地元の人たちに人気で、他にも、快適な長い遊歩道が続くインバーネス・ビーチやケープ・ブレトン・ハイランズにある小石の転がるラ・ブロック・ビーチがあります。ビーチに行くときは、ピクニック・ブランケットと良書をお忘れなく。

波が渦巻く大西洋に囲まれたノバ・スコシア州は、そのすべてが大西洋の影響を受けているかのよう。特別なリズムと独特のフィーリングを持つこの州にはあれもこれも、体験しつくせない楽しみが溢れています。まずはこの州を訪れることから始めましょう。

Related Posts