カナダ最大級の州一つといえばオンタリオ。その広大なエリアからさまざまなインスピレーションが生まれています。ジョージア湾の青く澄んだ海、活気に満ちた大都市トロントアルゴンキン州立公園のみずみずしく生い茂った森まで、多くのアーティストがインスピレーションを受け、創作活動に取り組んでいます。優れたアーティストが集うところには、今回ご紹介する素敵なギャラリーを始め、アートのための素晴らしいスペースがあります。​

 

人気の高いカナダのアートシーン。特にオンタリオ州にはカルチャースポットがたくさんあります。

オンタリオのアートギャラリー(トロント)

9万点におよぶ所蔵作品数、フランク・ゲーリーが設計を手がけた施設、繁華街の一等地という立地といえば、オンタリオ美術館です。6つの常設展に加え、多彩な企画展でありとあらゆるアートを紹介しているオンタリオ美術館は、アートファン必見の施設。特におすすめは第1木曜日。閉館後のギャラリースペースを利用して、音楽会やアート解説講座などのイベントが開催されています。

ザ・パワープラント(トロント)

トロントの海岸に向かうと見えてくるのが、大きな煙突のある発電所。ところが、発電所はかつての姿で、現在は建物を利用して、その名も「ザ・パワープラント」という現代アートのギャラリーとして活用されています。トロントのハーバーフロント・センターに位置し、素晴らしいアート作品の展示にとどまらず、無料ツアーやアート解説講座も開催されています(バーチャルツアーでは公開前の作品も閲覧できます)。ギャラリーで現代アートに触れた後は、ウォーターフロントのカフェやレストランで素敵な景色を楽しみながら、くつろぎのひとときを。また、フェリーでトロント島へ移動して、旅の一日を締めくくるのもおすすめです。

カナダ国立美術館(オタワ)

カナダという国をひと言で説明するのは簡単ではありませんが、オタワにあるカナダ国立美術館は間違いなくカナダの縮図と言えるような場所です。この美術館は、カナダ出身アーティストの作品や先住民のアートはもちろん、世界各地のアート、現代アート、写真、版画、絵画、彫刻、銀細工など、多種多様な視覚芸術が展示されています。企画展も充実していて、いつでも新しい作品に出会えるだけでなく、ツアーや講演会などアートファンの期待に応える内容になっています。

オレンジ・アート・ギャラリー(オタワ)

A photo posted by @kitchissippi on

アートシーンに新たに仲間入りしたばかりのオタワのオレンジ・アート・ギャラリーでは、新人作家から有名アーティストまで、地元アーティストの作品を展示しています。かつてカナディアン・ナショナル鉄道会社傘下の銀行として使われていた建物には、現在複数のギャラリーや工房、飲食店があり、アート関連の催し物や各種イベントに利用されています。また、アート教室も開催されており、ギャラリーの鑑賞後に、湧き出たアイデアをもとにさまざまな技法を組み合わせたアートや、アクリル画に挑戦することもできます。

ロンドン博物館(オンタリオ州ロンドン)

ロンドンといってもこちらはオンタリオ州ロンドン。その中心部に、これまたロンドンを彷彿とさせる名称のテムズ川が流れています。そこからほど近いところにあるのがロンドン博物館。視覚芸術や物質文化に触れることができます。オンタリオやカナダにゆかりのある作品5000点以上に加え、地域の歴史を語り継ぐ展示資料45000点が所蔵されており、アートや歴史をたっぷりと楽しめます。一般展示のほか、特別イベントや公開講座も開催されています。​

ハミルトン・アート・ギャラリー(ハミルトン)

カナダ最古の公共ギャラリーの1つであるハミルトン・アート・ギャラリー。ヨーロッパやカナダの作品、現代アート作品などが展示されています。長い歴史をカバーする1万点もの作品を揃えています。毎月第1金曜日の夜は入館料が無料になります。

ナイアガラ・フォールズ・アート・ギャラリー(ナイアガラ・フォールズ)

ナイアガラには滝以外にも魅力的な見どころがたくさんあります。その1つがナイアガラ・フォールズ・アート・ギャラリー。企画展やさまざまな常設展があり、旅の途中でふらっと立ち寄り、アートやカルチャーに触れるのにもおすすめです。ウィリアム・クレレック(カナダで人気の有名アーティスト)の作品所蔵数は最多で、クレレックの目を通して描かれるカナダの多くの地域を堪能できます。ほかにもヨガや社交ダンス、アート教室などが開催されていますので、プログラムを忘れずに確認してください。

ギャラリー・ストラトフォード(ストラトフォード)

ギャラリー・ストラトフォードは、1967年の開設以来、カナダ出身作家を中心とした視覚芸術に力を入れており、高い評価を集めています。ギャラリーの建物はかつてのポンプ場をそのまま活用。素晴らしいアート作品を所蔵しているだけでなく、その美しい環境も要注目です。また、徒歩圏内にストラトフォードのフェスティバル・シアターやエイボン川があります。シアターの公演やアート鑑賞を通じて、ストラトフォードの魅力をたっぷり味わえます。

 

オンタリオ州には、ほかにもさまざまな見どころがあります。ぜひオンタリオ観光局のウェブサイトをご覧ください。

Related Posts