一生に一度は経験してみたいことと言えば、スカイダイビングやバンジージャンプと並んで「オーロラ観賞」が人気です。色鮮やかにゆらめく光のカーテンが夜空を埋め尽くす感動のオーロラですが、実際に体験するのはなかなか難しいもの。そんなオーロラを体験するなら、ノースウエスト準州がおすすめです。

準州都であるイエローナイフは「北米のオーロラの都」とも呼ばれるだけあって、ノースウエスト準州全体でのオーロラの出現率は突出して高く、赤や青、緑の光が夜空にきらめきます。

オーロラ観賞にはさまざまな方法があります。お好みの方法をお選びいただけます。

ブラッチフォード・レイク・ロッジの素晴らしいオーロラ観賞

自然あふれる原野で贅沢にオーロラを観賞するなら、秋にはフロート、冬にはスキーを滑走部に装備した小型飛行機「ブッシュプレーン」に乗り、イエローナイフ近くにあるノースウエスト準州にある素朴で贅沢なオアシスブラッチフォード・レイク・ロッジに降り立ちましょう。秋にはオーロラが夜空を覆いつくす前に、ハイキングやパドリング、釣りをして一日を過ごし、冬には凍った湖の上でのスケートやハスキー犬による犬ぞり、スノーシューズで雪を踏み鳴らし、スノーモービルで雪と戯れ、広大な北部の奥地を味わってください。バイソンやパイク(カワカマス)など極北の地元料理を味わい、お風呂に浸かったあとは、地平線を横切るようにきらめき揺らめくオーロラのカーテンを観賞しましょう。それはまさに、宇宙規模で展開する花火のようです。

山小屋よりもテントがお好みなら、イエローナイフのオーロラ・ビレッジへ向かいましょう。森の中に設置された、電気が灯る大型テントに驚くことでしょう。こうした伝統的なテントで一夜を過ごしますが、心配はいりません。自然が織りなすオーロラショーに魅了されながら貴重な時間を過ごした後は、薪ストーブと温かい飲み物で快適に過ごすことができます

オーロラ観賞が北の大地の真髄に触れる冒険のクライマックスであれば、元気いっぱいのハスキー犬たちをソリに繋ぐ手伝いをした後、後ろに滑り込んでください。そして、ベックスケンネル’の経験豊かな犬ぞりガイドとともに月明かりに照らされた雪を駆け抜け、星空の下の心地良い山小屋を目指しましょう。母なる自然の光のショー、オーロラの色づいたリボンが空に揺らめき始めたら、フード付きの防寒着を着て外に出てください。オーロラを観賞した後は、山小屋に戻って温かい飲み物やスープ、バノック(トウモロコシパン)を味わいながら、素晴らしいオーロラ体験を互いに語り合いましょう。

 

Related Posts