カナダにはガイドブックに載っていないようなユニークな体験が盛り沢山。ただし、そうした体験がどこでできるのかを知る必要があります。地元の人たちのようにその土地を楽しめるように、カナダ中の友人たちに彼らがホームと呼ぶ都市の人気スポットや体験を教えてもらいました。興味や情熱が沸いてきたらこのローカルズ・ガイドを参考にして、カナダの活気ある都市や広大な荒野への旅を計画しましょう。​

 

地元の情報をご提供いただいたジョアン・パイ氏タマラ・エリオット氏、そして世界中の旅を綴った個人のブログ『Stoked for Saturday』に感謝いたします。​

カナダの魅力は山や川、大草原といった大自然だけではありません。カナダのブルワリーやパブは、新鮮な地元のクラフトビールが味わえる、世界に誇るべき素敵な場所です。

33 エーカー・ブリューイング・カンパニー - バンクーバー

シンプルな雰囲気、最高の味

活気に満ちたバンクーバーのフードシーンを堪能し、街のすぐ向こうにある自然の素晴らしさに触れ、地元の祭りを楽しんだ後は、33 エーカー ブリューイング カンパニーでリラックスするのがお勧めです。シンプルかつモダンなデザインと、本当に美味しいビールへの強いこだわり(そして、そのこだわりに相応しい素晴らしいビール!)が溢れる33エーカー ブリューイング カンパニーはおしゃれなマウント・プレザントにある地元で人気のバーです。地元の人たちによれば、パイナップルやグレープフルーツを使った爽やかな33エーカー オブ オーシャン IPAはカナダの太平洋岸北西部らしい味を味わえる、とのこと。

 

スタボーン・ゴート・ガストロパブ&ビアガーデン - ハリファックス

ノバ・スコシアの良質なビールを味わいながら、ハーバーサイドでゆったりとくつろぐ

カナダ人は景色と一緒にビールを味わいます。そして、クラフトビールに合わせる美味しい食事も欠かせません。ノバ・スコシア州ハリファックスにある地元で人気のスタボーン・ゴート・ガストロパブは2店舗を展開しています。スタボーン・ゴートの新しいビアガーデンはウォーターフロントにあり、ハリファックス港の最高の眺めとメニューにぎっしりと並んだ地元産クラフトビールの数々を楽しめます。これぞ歴史あるハリファックスをたっぷりと堪能する素敵な過ごし方ではないでしょうか。

ユーコン・ブリューイング・カンパニー - ホワイトホース

冷たい一杯で温まろう!

A photo posted by Jamie (@james_deaner) on

1997年のユーコンの荒野にタイムスリップしてみましょう。カヌー旅行中の男性2人がオーロラの下でキャンプファイヤーを囲みながら、大きな夢を語り合っています。その夢はその後どうなったでしょうか?そうです、ブルワリーが誕生したのです!旅のすぐ後に夢が現実となってユーコン・ブリューイングが誕生しました。今では彼らが作った美味しいクラフトビールがホワイトホースの地元の人たちや旅行者の喉を潤しています。チルクート・ラガーや季節限定のロンゲスト・ナイト・カスカディアン・ダーク・エールなどが人気です。間違いなくあなたを満足させます。

ワイルド・ローズ・ブルワリー - カルガリー

オリジナリティに溢れたクラフトビールのブルワリー

活気に満ちたカルガリーのカルチャー/フードシーンは見逃せません。カルガリーにはカナダでも取り分け美味しいと評判のビールを量産するマイクロブルワリーが十数軒あり、本当に美味しい地ビールを提供しています。中でもワイルド・ローズ・ブルワリーは最高のブルワリーのひとつ、とカルガリーの人たちが認めるブルワリーです。ここではカルガリーの野性的で自由な精神を反映した、天然原料だけを使ったビールを少量生産しています。かつては軍事基地があった場所に立つワイルド・ローズのバーは、カルガリーで人気のブルワリーパブに7年連続で選ばれています。時間に余裕があれば、ブルワリーのバックヤードツアーにも是非参加を!

フィリップス・ブリューイング&モルティング・カンパニー - ビクトリア

一風変わったクラフトビールに出会える場所

窓のないアパートと借金の山から慎ましくスタートしたフィリップスは、今ではビクトリアに欠かせない存在となり、とても面白いビールを醸造することで有名になりました。ブルーバックのような飽きのこないタイプに挑戦するか、ソラリス(白桃エール)などの季節限定ビールを味わってみましょう。ビクトリアで美味しいビールを探すならツアーや試飲会に参加する、あるいはリフランディアといった地元のイベントや、ビールの祭典であるフィリップス・バックヤード・ウィークエンダーに参加するのもお勧めです。ユニークな銘柄や、ソーダやスピリッツも探してみましょう。

 

ガハーン・ハウス - ハリファックス

地元の人々でにぎわうパブ

ハリファックスをとことん楽しむなら、ウォーターフロントにあるガハーン・ハウス・ブルーパブがお勧めです。ガハーン・ハウスのクラフトビールは地元でも大人気で、ハリファックス中心部のハーバーにあるバーは地元の人々の行きつけのお店です。有名なエールビールや、ラドラー(レモネード入りビール)など、すべてを自社で醸造しているガハーンではライブミュージックやとても美味しいグルメバーガーも楽しめ、毎夜ハリファックスのイベント&フードシーンを盛り上げます。

 

バーン・ハマー・ブリューイング - ウィニペグ

ウィニペグ初のブルワリー

A photo posted by Matt Moskal (@mrmattmoskal) on

ウィニペグのグルメシーンは拡大を続けており、クラフトビールもその傾向にあります。バーン・ハマー・ブリューイングはウィニペグ初のタップルームとしてその地位を確立しています。クラフトビールの考え方をウィニペグに紹介したバーン・ハマーは、クラフトビール初心者から年季が入ったビール通まで、誰もが満足する「金色の液体」を提供しています。大樽で買い求めるもよし、軽く一杯その場で楽しむのもよしです。また、地元の人は、ビールを味わうことで社会貢献ができるイベント、バーン・レイジング・ナイトへの参加も勧めます。イベントでビールを飲めば、バーンハマーから地元の慈善団体に寄付されます。

 

ラスト・ベスト・ブリューイング&ディスティリング - カルガリー

「ラスト」だけど、とても重要

ラスト・ベスト・ブリューイング&ディスティリングは知る人ぞ知る、限定とは限らないので「とても地域色の強い」カナダで最もユニークなブルワリーです。地元、カルガリーの人たちはスノー・ポニー・ペールやダーティー・バード・ブラック・ラガーに夢中です。ラスト・ベストは、地元の素材を使った上質なオリジナルスピリッツも提供しており、かなりアルコール度が高いカクテルもその場で味わえます。インダストリアル・デザインの装飾が美しいこのブルーパブはメニューも豊富です。ちょっと冒険したいなら、地元の人たちだけが知っているちょっとした秘密をお教えしましょう。地階にあるジョニーズ・バーバー + ショップでは、なんとヘアカットとカクテルを同時に楽しむことができます。ただし、ジョニーには酔っぱらう前にヘアカットの要望を伝えておいた方がいいでしょう!

 

グラナイト・ブルワリー - トロント

これぞクラフトビール

家族経営のブルワリーがクラフトビールを快適に味わえる屈指の場所であることは驚くまでもありません。グラナイト・ブルワリーは創業約25年。つまり、クラフトビールの存在が世間に知られる以前からクラフトビールを作り続けてきたということです。そして、クラフトビールの素晴らしさが多くの人に知られるようになった今でも、グラニットの英国風エールビールは人々に愛され続けています。季節ごとに入れ替わる15種類のドラフトビールからお気に入りを選び、2つもあるパティオ(!)のどちらかに座ってトロントを満喫しましょう。

スティルウェル・ビア・ガーデン - ハリファックス

ハリファックスの最新クラフトビールスポット

A photo posted by Randal Tomada (@rtomada) on

ハリファックスの中心部にある人目を引くオープンエアのバー、スティルウェル・ビア・ガーデンはクラフトビール好きや星空の下で夜を楽しみたい人たちが集まる新しいスポットです。スティルウェルは自らをただ単に「ビールバー」と称するかもしれませんが、美味しい軽食や毎日入れ替わる新しいビールなどとともに、現代的な空間には流行の最先端を行くモダンな美しさがあります。ハリファックスは由緒ある街ですが、スティルウェルなどの新しいビールバーがこの街が絶えず生まれ変わっていることを証明しています。スティルウェルは晴天の日だけ営業していますので、訪れる際は天候に注意して計画を立てましょう。

 

カナダのどこに行くにも何をするにも、カナダの文化にくつろぎながらどっぷりと浸るのなら、この国で愛されているブルワリーやパブに出かけるのが一番です。

Related Posts